空の旅

【搭乗記】ベトジェットエア:CAがビキニ?日本進出発表のベトナム発LCCは機内サービス高評価でも支払い方法に超難あり

〈航空会社〉ベトジェットエア(LCC)

〈搭乗日時〉2016/11/28(月) 11:30発 仁川-ホーチミン

〈運賃〉¥18,600 +15kgの受諾手荷物分含む

〈総評〉★★★☆☆

あくまくん
あくまくん
座席の広さは値段なりだけど、機内サービスの充実さは高評価!

かわいいと評判の良いCAの制服でしたが、これはやはり着る人による部分も大きいですね…

今回はソウル・仁川空港からベトナム・ホーチミンまでのベトジェットエアでの空の旅を、ベトジェットエアでの良い点や注意点も含め、レビューします。

ベトジェットエア|上級サービス「SkyBoss」も展開するベトナム発LCC

ベトジェットエア(Vietjet Air)基本情報
設立2007年
ハブ空港ノイバイ国際空港/タンソニャット国際空港
機内持込手荷物7kg以下まで
受託手荷物32kg以下まで
有料サービス座席指定/機内食/飲料/優先チェックイン等
日本進出の有無2018年11月よりハノイ-大阪/関西間就航

ベトジェットエアは2007年にベトナム発の民間航空会社として運航を開始し、現在ではベトナム国内を中心にアジア各国へ路線を拡大しています。

2017年7月には日本航空(JAL)と包括的業務提携に向けた覚書を締結し、相互コードシェアなどを含めた提携への検討を開始することを発表しています。

JALが運航する日本からベトナムへの路線、および日本の国内線と、VJが運航するベトナム国内線およびベトナム発着の周辺アジア各国への運航便に対して、相互にコードシェアを行います。さらに、マイレージなど他の分野も含めた包括的な業務提携について検討することに合意しました。コードシェア実施路線、開始時期などの詳細につきましては準備が整い次第、改めてご案内します。

引用:JALプレスリリース『JALとVietjet Aviation Joint Stock Company包括的業務提携に向けた覚書を締結』より

さらにベトジェットエアは2018年5月に会見を行い、2018年11月から日本への初めての定期便となるハノイ-関西空港路線への就航を発表しました。

またLCC(格安航空会社)ながらラウンジ利用や優先チェックイン、優先搭乗などの上級サービスを受けられる「SkyBoss」というサービスも提供しており、従来のLCCのような単に低価格を打ち出したサービスだけでない、”脱LCC”の動きも強めた航空会社となっています。

てんしちゃん
てんしちゃん
機内販売の充実さはLCCらしくなかったよ!

ベトジェットエアはズバリ何が良い?|機内販売の充実度がLCC離れでお土産購入に最適!

ベトジェットエアの乗り心地自体はその他のLCCとは大差なく、サービスの質自体にも特筆すべきものはないように感じました。

その中で大きく他のLCCと差別化されていたのが、機内販売の充実さです。

軽食類はもちろん、ベトジェットエアのオリジナルグッズの充実さは特に良く、大人向けから子ども向けまで幅広い商品展開がなされていました。

そのためベトジェットエアは日本に就航が決まったとはいえ、乗る機会も少ない航空会社になるでしょうし、「お土産の購入は機内販売でしてしまうのも十分にあり」ではないでしょうか。

あくまくん
あくまくん
LCCでここまで機内販売、オリジナルグッズが充実していたのは後にも先にもここが一番だったよ!

ベトジェットエアの問題は?公式予約サイトの操作性&支払方法に難あり

ベトジェットエア公式予約サイト予約サイトの操作性はビックリするほどよくない

ベトジェットエアでの問題点は、2つです。

-ベトジェットエア問題点-
  1. 公式予約サイトの使いやすさが悪い
  2. 支払方法が相当めんどくさい

今回は仁川空港からホーチミンまでの旅で利用しましたが、特に強く記憶に残ったのは支払い方法の面倒さでした。

その方法が、支払い方法もカードは不可で、指定口座へ振り込んだ後に振り込み明細書をFAXするかPDFで返信するかない、というものです。

ベトジェットエア振込依頼メールネット予約なのに振込依頼&振込期日が翌日まで…

しかも振込期日が翌日まで、さらに振込明細書のFAXもしくはPDFでの返送を指示されました。

あくまくん
あくまくん
公式サイトからのネット予約なのにこの方法指定されたからね!ビックリしたよ
てんしちゃん
てんしちゃん
上級サービスも良いけど、このあたりは至急改善すべきだよね

このあたりは日本での利用では変更されているかもしれませんので、利用を検討する場合には公式サイトで直接確認してからチケット手配をすることをおすすめします。

チェックイン~搭乗@ソウル・仁川空港

ベトジェットエアーのチェックインカウンター@仁川空港

今回ベトジェットエアーを利用するにあたり、一番心配していたのがチェックインです。

あくまくん
あくまくん
他ブログのレビューでもここの検査が厳しいって意見ばっかりだったよ

機内持ち込み手荷物は、”機内持ち込み全ての荷物合わせて7kg以下”

機内持ち込み荷物は7kgまでOKなのですが、”手荷物も含めて7kg”です。

通常であれば財布などを入れて足元に置くような比較的小さなバッグ類は計測されないことも多いのですが、ベトジェットエアではそういった荷物も含めてしっかりと計測されることも多いらしく、そこで引っかかる人が多いようです。

あくまくん
あくまくん
これはカメラをはじめとしたガジェット類がとても多かったから、相当ハードル高く感じたよ

1kg超過で15ドルのようでしたので、1kg分ならあまったウォンで対応できるので、そこまでは許容範囲とし、それでも無理な分は「どうにか抵抗する」と腹をくくりました。

最低限の対策として、まず一眼レフには一番重いレンズを装着し首から下げ、その上からジャケットを羽織り、できるだけカメラ等が見えないようにはしました。

それでも機内持ち込み用のリュックは7kgを超過していたので、各種バッテリー(一眼レフ用2個、モバイルバッテリー2個、PCバッテリー1個)と各種充電器をメッセンジャーバックに入れ、背中に持ちました。

これでチェックインカウンター前にある計量器で計量すると6.8kgでギリギリセーフ。

あくまくん
あくまくん
メッセンジャーバックも計量されたら余裕でアウトだったけど、ここはバレないようにしっかりと隠した!

広い仁川国際空港を総計20kg前後ある荷物を担いで歩き回るのは無駄な体力消耗するので、メッセンジャーバック以外はチェックインにもカートに荷物を積んで持っていきました。

チェックインは[K-34カウンター]で。

あくまくん
あくまくん
丸眼鏡をした私好みの色白かわいい系の女性が対応してくれてちょっとハッピーに!(笑)

チェックイン自体は、事前の調べで厳しい厳しいと頭の中に刷り込まれていたのですが、大した悶着もなく、出国用のチケットを確認された程度でとてもスムーズに終わりました。

預け荷物を預け、出国チケットを確認して終了。

機内持ち込み荷物を計量されるどころか、目視確認すらありませんでした!

今回がたまたま甘かったのか、チェック自体が甘くなったのかはわかりませんが、対応してくれたGHはタイプの女性だし、チェックインも楽勝で、非常にラッキーでしたね。

番外編:搭乗時間まではプライオリティパス使ってラウンジを無料で利用

スカイハブラウンジ仁川空港

チェックインを済ませ、セキュリティーチェック等もろもろの手続きを終えてからは出発までに時間があったので、ラウンジでしっかりと空腹を満たすことに。

今回の旅は貧乏旅ということもあって、まともな食事をとれるかという不安もあったので事前に楽天プレミアムカードに加入しプライオリティパスも作成していました。

今回は仁川空港のSkyHubラウンジを利用して、腹ごしらえと飲料確保をしました。

スカイラウンジ仁川空港2飲食はすべて無料です

今回は時間の関係でスカイハブラウンジのみの利用でしたが、時間さえあれば1度のフライトで複数のラウンジを利用することも可能です。

仁川空港は広く、そのぶん利用できるラウンジも多いので、あえて早めに空港に行ってラウンジでゆっくりと過ごすのもおすすめです。

てんしちゃん
てんしちゃん
もちろんラウンジ滞在中は騒がず常識の範囲内で静かに過ごそうね!

楽天プレミアムカードを作っている方は申請すれば世界各空港にあるラウンジを利用できるようになるPriorityPassが無料で手に入る上に付帯する海外旅行保険も充実の内容なので、海外に行く方は必ずGetしておきましょう。

座席スペース|座り心地は値段なり。ただ5時間フライトだときつい…

座席の広さについては、値段なりといったところです。
私は身長173cmなのですが、姿勢を正して乗ると、拳1つ分ほど余裕があるかどうか、くらいでした。

身長180cm越える人や脚の長い人にはキツイかなーと思います。

あくまくん
あくまくん
もちろん脚を組むような余裕はないよ!

今回は搭乗してから出発予定時間1時間近く遅れたこともあり、やや長めのフライトがさらに長くなり…

あくまくん
あくまくん
さすがに腰とお尻がツラかった…

機内サービス|ベトジェットエアはLCCにしてはGood!お土産も買いたかった..

てんしちゃん
てんしちゃん
映画などが観られるような、そんな高級なサービスはついていませんよ~

長時間フライトの場合には、自分でなにかしら準備しておかないと寝るにも限界がありますね、

機内サービスはLCCなので基本的には有料です。
ソウル-ホーチミンは5時間程度のフライトになるので、機内食を頼まない人は何かお菓子でも買っておくかべきだと思います。

ただ、チケット購入時に機内食を予約していなくとも同じものを若干割高にはなりますが買えるので、乗る前に買って荷物を増やすよりも機内で買っても良いかもしれません。

(普通の機内食なら5ドル~、カップ麺系なら2.5ドル~)

お子さま向けにも、パイロットキャップ4.5ドル、キッズバックパック13.5ドル、子供用ポロシャツ7ドル、スカート7ドル、ショーツ6ドルと非常に良い!

あくまくん
あくまくん
世界一周じゃなかったら姪っ子2人に買って帰りたかった…

もしベトジェットエアーに乗るなら、ベトナムのお土産はここの機内で済ませるのもありだと思います!

というか下手なもの買って帰るくらいならここで買っちゃうのがベストだと思います。

ベトジェットエアーなんて日本人で乗ってる人そんなに多くはないでしょうからね(笑)

コンセント変換プラグなんて実用的!

子どもにはTシャツなんかもいいし、かわいい制服のキッズサイズなんかとっても良くないですか?

総評|ベトジェットエアは支払い方法以外はLCCとして高評価できる

乗り心地は特筆したものはありませんでしたが、支払いのめんどくささを抜きにしたら、機内販売の充実さは良く、GoodなLCCでした!

格安でベトナム旅行したいなら是非使いたい航空会社ですね~

あくまくん
あくまくん
ビキニキャンペーンには是非参加したいぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!