旅のノウハウ

【予防接種を受ける病院の選び方】世界一周・海外旅行者なら必須!旅経験浅いなら国内接種がおすすめ

長期で海外旅行or放浪する場合に忘れてはいけないのが予防接種。

複数か国周る予定となればそれなりの金額になってしまいます。

でも、

「予防接種っている?いらなくない?いらないよね?大丈夫だよね?」

なんて甘ったれた考えで出発するとほぼ確実に痛い目をみます。

多くの人が旅の序盤に訪れるであろう東南アジアで泣きをみます。

必ず、絶対、打ちましょう。

予防接種はどこの病院でも打てるわけではない

予防接種なんかはイメージとしてはそのへんの街の病院でも打ってもらえそうなイメージを持っている方もいるかもしれません。

実際には必要な予防接種を全て打つにはそれなりの規模の病院や、専門の病院を探す必要があります。

そもそも予防接種を数種類でも打ってもらえる病院自体が少ないです。

街の病院で見つけたとしても「2~3種類はあるけど、その他はない」というような状態です。

さらに「事前予約が必須」で「予約してからワクチンを取り寄せるから実際に打つまで1~2週間かかる」ということも珍しくありません。

必要なワクチンを最小限の手間で打ち終わるには大学病院などの規模の大きな病院をはじめから利用することをおすすめします。

【目的別おすすめ資産運用サービス】

予防接種は”どの病院でも料金一律”ではない

予防接種はどこも大して値段変わらないだろうと思っていましたが、問い合わせたりして調べてみると、驚くくらい機関によって違います。

国産や輸入物等の違いもあるのでしょうが、例えばA型肝炎でも6300円のところもあれば、1万円のところもあったりします。

1種類を間隔開けて複数回打つ必要のあるワクチンもあるので、最終的には非常に大きな金額の差になります。

意外(?)にも”大学病院のような大病院よりも個人病院のほうが高額”になりました。

さらに個人病院の場合には打てるワクチンの種類も非常に限られている場合が多いので、予防接種なら専門の病院か大病院のほうが良いかもしれません。

私の場合は福岡周辺在住なのですが、周辺の個人病院の場合にはどこも高い場合が多く、打てる種類も限りがあったため、久留米大学病院ですることにしました。

久留米大学病院は打てる予防接種の種類はとても豊富で、かつ値段も安く、毎年20人前後世界一周旅行者の予防接種を打つ先生なのでいろいろな知識も豊富なのでとても良かったです。

予防接種を打ってくれるだけでなく「世界一周するなら行ってみるのおすすめだよ」っと旅人が集まるショップを教えてくれたり、旅をするうえで注意すべきことや知っておくべき情報等も丁寧に教えてくれます。

福岡・佐賀周辺に住んでいる方には特におすすめですよ!

実際に予防接種でかかった費用は

私の場合に打ったワクチンと回数、金額をまとめてみます。

ワクチンの種類回数合計金額
A型肝炎2回12,600円
B型肝炎1回3,680円
狂犬病3回37,500円
日本脳炎2回10,700円
破傷風1回3,160円
腸チフス1回9,500円
予防接種基本料2,630円(3回分)
合計10回88,320円

 

あとは普通の人なら小さいときに打っているはずの三種混合等の予防接種を全然しておらず、破傷風も1から打つ必要があったのもう少し多めにかかってます(笑)

「インドは行かない!」という人ならもう少し安く抑えることも可能です。

高いところで打つと10万円超えてしまうこともあるのでしっかりと比較して選びましょう!

少しでも安く抑えたいならタイでも打てる

「予防接種で8~10万円は高すぎる!ほかに安く抑える方法はないの!?」

そういう方は”タイ”へ行きましょう。

タイ・バンコクは世界各国からバックパッカーが集まるだけあって?予防接種もしっかりと打てる病院があり、日本人のバックパッカーさんも結構利用しているそうです。

料金も日本で打つのに比べて爆安だそうで、特にお金のない学生のバックパッカーさんとかは日本では打たずにタイで打つ人が多いそうです。

ただ、病院まで行くのが大変だったり、着いてできるだけ早くいかないといけないので初めて1人で海外に行く人などにはあまりおすすめできません

もちろん「ただ打っておしまい」ですし、何かあった場合のサポートなどもありません。

私が打った久留米大学病院の先生は最後の予防接種のときにメールアドレスなども教えてくれて、何かあった場合にはすぐに専門家である先生に連絡が取れるようにもしてくれました。

旅人のほぼ全員が保険にも加入しているでしょうが、何か心配な時に専門医に直接連絡が取れる手段を確保できるのも非常に心強いものがあります。

もちろんどの病院でもこうした対応をしてくれるとは限りませんが、料金以外の面ではやはり日本で打つにこしたことはありません。

多少の余裕があるならばしっかりと日本で予防接種は打っていきましょう。

まとめ|予防接種は打たなくても平気!と考える人は旅には向いてない

予防接種は何種類もしっかりと打っていないと痛い目見ることになるので、お金のない旅でも「予防接種は節約しちゃおう!」などと馬鹿なことはせずしっかりと打ちましょう。

私が予防接種打ちに行ったときには予防接種を受けずに東南アジアに行った旅人が腸チフスで入院していました(笑)

長期間旅をするには「排除できるリスクはしっかりと排除すべき」だと思います。

せっかく覚悟を決めて旅をし始めたのに、「すぐに病気で帰国した」なんてこれ以上ないほどもったいないです。

節約すべきところと、節約すべきでないところをしっかりと見極めて、最後まで健康に楽しい旅ができる準備を精一杯やることが大事です。

今回は予防接種についての記事でしたが、予防接種と海外旅行保険。

この2つはしっかりと打つ&加入してから海外へ旅立ちましょう!

error: Content is protected !!