FX

【外貨積立FXで長期運用】レバレッジ使って低資金で高金利通貨を運用をする

【目的別おすすめ資産運用サービス】

資産運用の手段としてよく挙げられるのは株式投資ですが、為替はFXなどのイメージによりギャンブル的要素が強いと思われがちで、資産運用初心者には敬遠される傾向にあります。

もちろんFXは資産運用初心者には高難度で、一歩間違えれば一瞬で資産吹き飛ばすことも可能なことには違いはありません。

ただ定期外貨積立FXという方法なら、リスクを抑えつつドルコスト平均法を用いて着実に資産の運用をすることも可能になります。
今回はそんな外貨積立FXについて、特徴やおすすめの口座について解説します。

\\*外貨積立におすすめ*//
SBI FXトレード 積立FX

定期外貨積立ってなに?


外貨定期積立とは、「あらかじめ決めた通貨を、ある一定期間ごとに、あらかじめ決めた金額分購入していく」ものです。

「ある一定期間ごとに決めた金額分購入する」といういわゆるドルコスト平均法という手法を採用するため、購入するタイミングに大きく左右されることなく積み立てることができます。

外貨積立では、こうした仕組みで為替レートの変動によるリスクを抑えつつ、金利差によるスワップの獲得及び為替レート変動による差益を狙う運用になります。

\\*外貨積立におすすめ*//
SBI FXトレード 積立FX

外貨積立のメリット|資産運用初心者にもおすすめの長期運用法の1つ

外貨定期積立は、資産運用初心者にもおすすめできる資産運用方法の1つです。

そのメリットは主に3つです。

-外貨積立のメリット-
  1. 定期的に、一定額分購入することで為替リスク低減
  2. スワップポイントで銀行金利より大きな利益も
  3. 放置投資可能でレート変動を気にする必要なし

定期的に、一定額分購入することで為替リスク低減

定期的に、一定額分購入することで為替リスクを低減させる、いわゆるドルコスト平均法による購入で為替変動による大きな影響を回避しながらの資産運用が可能です。

買い付け期間によるリスク低減

例えば2013年から毎年年初にドル円で積立をすると仮定した場合、

購入日2013/01/022014/01/022015/01/022016/01/042017/01
購入時レート 86.68 105.24119.74120.20117.53
平均積立レート86.6895.96103.88 107.96 109.87

このように積立レートは積立開始時からの平均になるように収束していくようになっており、積立期間が長ければ長いほど短期間の為替変動による影響を受けにくくなっていきます。

上記の例の場合にはわかりやすくなるように年初に1度だけ積立した場合を例としましたが、例えば積立期間を毎月や毎週とすることでさらに変動の小さな積立レートへと収束していきます。

また、この一定期間ごとの積立に加えて、「一定額」積立するということでさらにリスクが抑えられるようになっています。

買付金額によるリスク低減

「買付期間によるリスク低減の場合には一定期間ごとに積立することで積立レートを買付開始からの平均に収束させていく」という方法でした。

「買付金額によるリスク低減」は、積立金額をある一定額とした場合に「積立対象が値上がりした場合には購入数が低く抑えられ、値下がりした場合には購入数が多くなる」というものです。

例えば1万円を積立資金とした場合(1ドル分=枚と表記)

積立時レート1ドル80円1ドル100円1ドル125円
購入枚数125枚100枚80枚

このように積立金額に合わせて「安ければ多く購入し、高ければ少なく購入する」ことでリスクの低減に繋がっています。

各国金利差で銀行金利より大きな利益も

外貨積立をする上で大きな魅力と感じるのがこの各国の金利差により得られるスワップポイントです。

主に低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことでその金利差にあたるスワップポイントを得ることができます。

今の日本は低金利政策によって多くの国よりも金利が低い水準にあります。

そのためスワップポイントが付きやすく、銀行口座に預貯金していた場合と比べて大きな利回りを得ることができる状況にあります。

もちろん為替変動によりスワップポイントが得られても損益はマイナスになる場合もあります。

しかし基本的に外貨積立の場合は長期間の保有が大前提であり、レバレッジも限りなく低く抑えられているため、ほとんどの為替変動でもポジション消滅させることなく継続保有が可能だと思います。

では高金利通貨としてよく挙げられるニュージーランドドルでスワップポイントを考えてみます。

金利差1.65%(2017年9月25日時点でのニュージーランドの政策金利1.75%、日本の政策金利0.10%)でニュージーランドドル/円を1万ドル買ったとします。

すると1日当たり約44円程度のスワップポイントが受け取ることができ、1年保有で約16,000円ほどになります。

もちろん積立なので毎月の積立額によってそのスワップポイントも変わりますが、金額の大小はあれど大きな魅力になることには変わりません。

放置投資可能でレート変動を気にする必要なし

資産運用初心者や投資にあまり時間をかけられないという方におすすなのが、”一度投資する仕組みを作ってあとは放置しておく”いわゆる放置投資という方法です。

例えばつみたてNISAや確定拠出年金、仮想通貨の積立投資などがこれに当たります。

この外貨積立も放置投資の1つとしておすすめの資産運用方法だと考えています。

積立分の資金は毎月口座から引き落としで入金されますし、定期購入の申し込みさえしてしまえばあとは年に数回確認すればOKです。

金融機関によっては数百円からでも積立可能なので、気軽に始めることも可能です。

外貨積立のデメリット

おすすめするとはいえ、デメリットもしっかりと押さえておかないといけません。

-外貨積立のデメリット-
  1. 購入のたびにスプレッドという手数料が発生
  2. 為替変動の際に大きなマイナスになる可能性もある

購入のたびにスプレッドという手数料が発生

よく経済ニュースなどの際に為替レートが「ドル円:110.10-15」というような表示になっているのを見たことがないでしょうか?

これは1ドルを買う場合の値段が110円15銭で、1ドルを売る場合が110円10銭という意味です。

この売りと買いの差をスプレッドと呼び、金融機関の手数料となります。

海外旅行の際に空港などで両替する場合にはこのスプレッドが1円以上開いていたりしますが、それはその両替サービスを提供する金融機関がこのスプレッドを広く設定しているためです。

外貨積立の場合は比較的狭いスプレッドに設定されているところが多いですが、取引のたびにこのスプレッド分余計な費用が必要となるのが大きなデメリットの1つとしてあげられます。

しかし外貨積立の場合は長期保有が前提となるので、1回の買付当たりのスプレッド程度はスワップポイントや長期保有する中での為替変動によって埋めることも可能なので、「できるだけスプレッドが狭い金融機関を選択」すれば大丈夫だと思います。

為替変動の際に大きなマイナスになる可能性もある

2017年9月25日現在のドル円レートは1ドル112円30銭前後ですが、2013年には1ドル80円台半ばと非常に円高に振れていた時期もあります。

外貨積立の場合は基本的には「外貨を買って円を売る」形になるので、円高(円の価値が上がる)になればなるほど損益はマイナスとなっていくため、大きく円高に振れるような出来事が起こった場合には注意が必要です。

しかし外貨積立の場合には円高になればなるほど1回あたりの購入枚数は増えて平均積立レートは低下していきますし、長期保有する中で円安となる場面もほぼ確実に来るでしょう。

そのため大きく円高に振れてもポジションが決済されてしまわない程度の資金管理をしていれば、大きく円高に振れる場面はむしろチャンスとも言えますので、一時的な損益マイナスに惑わされないようにしましょう。

(もちろん資金管理は自己責任のため、許容できるマイナスを超えたら決済が必要な場合もあります。そこは自己責任です)

外貨積立FXおすすめ口座:SBI FXトレード

私が外貨積立をするのに選んだのはFX業者として大手の一角「SBI FXトレード」です。

「SBI FXトレード」の外貨積立は、現物の外貨を購入するものではなく、イメージとしては「定期外貨積立FX」です。

外貨積立は「現物(現金)の円を売って外貨を買って実際に持つ」というものです。

一方で外貨積立FXでは”現物での取引はなく”、FXの要領で積立用として入金された日本円を証拠金として利用して外貨積立をするシステムです。

そのため実際に外貨を引き出して利用することはできませんが、ほぼ通常の外貨積立と同じように利用できます。

積立FXというシステムにより、一般的な外貨積立よりも多くのメリットを享受することができるようになりました。

-SBI FXトレードの積立FXを選ぶ6つの理由-
  1. レバレッジ(1~3倍まで)を活かして資金効率よく積立できる
  2. 買付1米ドルあたりの手数料が5銭と一般的な外貨預金より圧倒的に安い
  3. 米ドル以外にも豪ドルやトルコリラ、南アランド等高金利通貨の取引も可
  4. 好きなタイミングでの買い増し・売却も可能
  5. 買付頻度を毎日・毎週・毎月から選択可能
  6. 100%信託保全で、預け入れた資産の100%を保証

SBI FXトレードの積立FXを利用することでFXの手数料の安さを活かしつつ、低レバレッジを効かせた資金効率の良い運用が可能で、自由度の高い資産運用が可能となっています。

\\*外貨積立におすすめ*//
SBI FXトレード 積立FX

レバレッジを活かして資金効率よく積立できる

一般的な外貨積立の場合、1万円を積み立てに充てる場合は1万円分しか外貨購入ができませんでした。

しかし「積立FX」というシステムにすることによりFXの魅力であるレバレッジを活かして資金効率よく外貨積立することが可能になりました。

そのため月に「FXは興味あるけど怖い」というような方にもおすすめできるサービスになっています。

買付1米ドルあたりの手数料が5銭と一般的な外貨預金より圧倒的に安い

最近になって銀行間の競争激化によりスプレッドも狭くなりつつありますが、それでもSBI FXトレードの1米ドルあたり0.5銭というスプレッドは業界でも狭い水準といえます。

メガバンクの1つ三井住友銀行の外貨積立サービスの場合には手数料が1米ドルあたり1円とSBI FXトレードの20倍もあります。

為替レートで5銭は一瞬で動くような値幅ですが、1円といえば数日かけて動くような非常に大きな値幅です。

積立していくうえで手数料はできる限り排除していかないといけないものになるので、SBI FXトレード以外で積立する場合でも銀行のように手数料が高いところは必ず避けましょう。

米ドル以外にも豪ドルやトルコリラ、南アランド等高金利通貨の取引も可

FXのシステムを活用していることもあってか、SBI FXトレードの場合には積立可能な通貨数が他社よりも多く準備してあります。

利用しやすさで好評な住信SBIネット銀行でも外貨積立可能な通貨数は8通貨ですが、SBI FXトレードの場合には9通貨用意してあります。

なかでも高金利通貨として人気の高いトルコリラは住信SBIネット銀行は取り扱いがありませんが、SBI FXトレードは取り扱いがあります。

スワップポイントで高利回りを狙いたいという方にはおすすめです。

好きなタイミングでの買い増し・売却も可能

基本的には積立を前提とした運用方法ですが、Brexitのときのように急激に円高に振れた場合には積立分とは別に好きなタイミングで買い増すことも可能になっています。

そのため「今円高になってるから買い増しときたいなー」というようなときもチャンスを逃さず買い増すことが可能ですし、反対に急激に円安になった場合には好きなタイミングで売却することも可能です。

「今買いますチャンスなのに…」「いま売れたら良い利益が出るのに…」というような悔しい思いをすることもありませんし、「急にお金が入用になった!」という場合でも簡単に対応することができて非常に取り組みやすい運用方法となっています。

買付頻度を毎日・毎週・毎月から選択可能

買付頻度を毎日・毎週・毎月の3種類から選択可能で、より自由度高く積立することができます。

買付頻度によって必要となる手数料や得られるスワップ等も変わりますが、そのあたりの調整は運用者のスタンスによるところでしょうか。

個人的なおすすめ「毎週」の買付です。

「毎週」買付することで平均積立レートも実際の為替変動に近く設定できますし、スワップもほどよく逃すことなく得られるためです。

100%信託保全で、預け入れた資産の100%を保証

資産運用の経験があまりない人の中には「運用先が倒産した場合にはどうなるの?」と心配になるかたもいるかもしれません。

SBI FXトレードの場合には信託保全きちんとなされており、万が一SBI FXトレードが倒産した場合にも預託した取引証拠金は返還されるようになっていますので、安心して運用することができます。

\\*外貨積立におすすめ*//
SBI FXトレード 積立FX

まとめ/外貨積立は放置投資の選択肢として一考の価値あり

外貨積立といえばこれまでは資産運用の中でもよくわからない分野の1つとして考えていたかも多いのではないでしょうか?

外貨を使った資産運用としてFXが代表的なこともひとつの影響かもしれませんが、外貨積立はうまく活かすことができれば非常に魅力的な運用方法です。

海外のブランド品やiPhoneなどのように為替レートによって価格の影響を受ける商品でも円高のときにしっかりと米ドルを購入しておけば値上げ幅以上にお得に購入することも可能です。

SBI FXトレードの場合には1米ドルからという少額でも外貨積立を始めることもできるので、放置投資の1つとしてだけでなく、iPhoneをはじめ「アップル製品を使っているよ」という方や「海外のブランドの商品が好き」という方は是非この機会にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

\\*外貨積立におすすめ*//
SBI FXトレード 積立FX

error: Content is protected !!