旅のノウハウ

【旅行必携タオル】おすすめの旅行向きタオルで荷物を減らし世界一周も快適な旅へ

「服とかタオルがかさばってお土産入れるスペースが少ない」
「思ってたよりも衣類系がスペース消費してバッグのサイズをワンサイズ大きいのにしなくちゃ」

国内外問わず、旅行をするうえで少しでも減らしたいものが”荷物”です。

洋服やタオルは旅行する上で必須のアイテムですが、いかんせんバッグに詰めるとその大半を埋めてしまう厄介な相手です。

今回はその厄介だけど必須のアイテムである”タオル”のおすすめを紹介します。

マイクロファイバータオルは「吸水性」「速乾性」抜群の旅行者必携アイテム

旅行向きのタオル、それはマイクロファイバータオルです。

バックパッカーでの世界一周はもちろん、国内外の小旅行において荷物を少しでも減らすことはとても重要です。

貧乏パッカーさん必須のLCCでは、僅かな重量オーバーでも漏れなく追加料金が徴収されます。

追加料金を支払うはめになればLCCに乗る意味がなくなったり、チェックインカウンターの横で恥ずかしくても荷物開けていらないものポッケに詰め込む、なんて作業させられてしまいます(経験談

その中でもタオルは、絶対必要なものながら畳んでもある程度の面積を食ってしまう厄介なアイテム。

多くの人が”どんなタオルが必要で””どんなサイズのタオルが良いのか”と悩む持ち物のひとつだと思います。

・ボディタオルだけにするのか

・バスタオルも持っていくのか

・ボディタオルは何枚必要なのか

その問いに対する私の答えが「マイクロファイバータオル」です。

マイクロファイバータオルなら数か月の長旅でも1枚でOK

私は仕事と家庭の都合で予定を繰り上げて4か月程度で帰国することになったのですが、旅期間中はすべてこの「マイクロファイバータオル」1枚だけで十分でした。

持ち運びしやすさ以外で旅人のタオルとして最も求められるものは「吸水性」「速乾性」です。

「マイクロファイバータオル」は普通のタオル等と違い肌ざわりの面で若干ごわついた感はありますが、肌ざわりの多少の難にも目を瞑ってもお釣りがくる程度に抜群に旅行向きタオルです。

シャワー後の身体を拭くのも、東南アジアの熱い日差しの中を歩くうえでの汗拭きタオルも、1枚だけでOKでした。

【フェイスタオルのサイズでも全身綺麗に拭くことができる吸水性】

宿によってはバスタオルのレンタルをしているところもありますが、多くの場合は1日あたり数ドル等、有料のところが多いです。

もちろん有料のレンタルを利用してもいいですが、資金の少ない世界一周旅行者にとっては1日数ドルでも「ちりも積もれば~」で大きな金額となってじわじわとダメージになってきます。

東南アジアの1ドルなんて、場所によってはビール2本飲めちゃいますからね。

今準備段階という人であれば保険や予防接種等の多額の出費で、「多少の金額ならいいや」と金銭感覚がマヒしつつある方もいるかもしれません。

しかしいざ海外へ出てみると、数百円の違いでも精神的なダメージはとても大きいです。

ベトナムで見るからに怪しい青年2人にぼられるの承知でついて行って日本円で500円ぼられただけでだいぶ精神的にダメージ受けたくらいですからね…(笑)

500円あれば貧乏パッカーにはそこそこ良いご飯食べられますよ…(笑)

【目的別おすすめプログラミングスクール】
  • WebCampPRO
    |転職成功率98%!エンジニアとして転職したい人におすすめ
  • ポテパンキャンプ
    |Railsエンジニアとして自社開発企業に転職したい人におすすめ
  • テックアカデミー
    |オンラインでプログラミングを学びたい方におすすめ
  • Aidemy
    |AI(人工知能)分野特化のスクール。AIを学びたいならここ

【お風呂上りに洗って干せば翌朝から使える速乾性】

「マイクロファイバータオル」を選ぶ理由として強く勧める理由の2点目がその速乾性です。

普通のフェイスタオルでは、お風呂で使った後に洗って干しておくと翌朝はまだ湿り気があり、持ち歩くには抵抗があることも少なくありません。

私の場合はマイクロファイバータオル1枚をずっと使用していたのですが、その使い方は「日中に汗拭き用等で持ち歩き、お風呂前に一度洗って使う」というものでした。

ただ、普通のタオルの場合には、一度洗うときつく絞って使う場合でも吸水性がとても悪く、拭いた部分に水分が残ってしまうということも。

しかしマイクロファイバータオルの場合には絞るだけでしっかりと水分がなくなるので、日中持ち歩きにも、夜シャワー用にも1枚で十分。

夜にシャワーで使用した後にしっかり洗い、ベットの手すり部分などに干しておけば翌朝にはしっかりと乾いていますので、そのままバックに突っ込んで持ち歩くのも可能です。

東南アジアは物凄く熱く、汗も尋常に出るのでタオルは必需品です。この日中も常に持ち歩けるというのは非常に大事。

恐らく今後旅する時もタオル系はマイクロファイバータオル1枚だけなのは確実だと思います。

旅準備している人は一度フェイスタオル数枚、バスタオル1枚を並べてみてください。

どれだけ収納に必要な場所が大きいか一目瞭然になります。

あとフェイスタオルをしっかり濡らして絞ってみてください。

キツく絞ってもびちょびちょです。

その後100均のものでも良いので1枚買ってみてください。その吸水性と速乾性に惚れると思います。

マイクロファイバータオル、絶対おすすめです。

error: Content is protected !!