ソーシャルレンディングの教科書

ソーシャルレンディングはリスク分散・リスク管理で怖くない!デメリットへの対処法まで解説

【目的別おすすめ資産運用サービス】
この記事でわかる3つのポイント
  • ソーシャルレンディング投資でも元本毀損するリスクはある
  • 利用するソーシャルレンディングサービス&投資案件を分散すればリスクはとても低く下げらされる
  • ここで挙げたリスク・デメリットの解消・最小化に力を入れるサービスだけを選ぼう

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)は高い利回りと最低投資金額1万円からできる気軽さが大きな魅力で、サラリーマンの小遣いでの運用や初心者がはじめて取り組む資産運用として最適な方法の1つです。

しかし資産運用というものには必ずデメリットや注意すべき点が存在します。
実際に投資した後で「こんなの知らなかった…」ということにならないためにも、当記事ではソーシャルレンディングが持つリスクや注意点、さらにその対処法について解説します。

おすすめのソーシャルレンディング組み合わせ

→業界最大手で実績も信頼性もピカイチ。GMOクリック証券などとも提携。

→東証マザーズ上場の総合不動産企業が運営の不動産特化型ソーシャルレンディング。全案件で不動産のプロが厳選した不動産担保付き。サービス開始以降全案件満額成立かつ貸し倒れゼロ

→海外投資特化型のソーシャルレンディングで、国内屈指の高利回りを実現。他サービスにはない海外案件豊富で。国内大手総合商社・伊藤忠商事が筆頭株主

ソーシャルレンディングのリスク・デメリットは?

-ソーシャルレンディングのリスク・デメリット-
  1. 担保はついても元本保証がない
  2. 予定配当利回りよりも実利回りが低くなる可能性がある
  3. 投資実行後には途中解約ができない
  4. 自然災害・経営状況によっては貸し倒れリスクがある

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)のデメリットは不動産投資型の場合には自然災害による影響を受ける可能性があったり、融資型の場合には融資先企業の経営状態の把握が難しいという点があります。

そのため大前提として、ソーシャルレンディングの場合には1つの案件に多額の資金を投じるのではなく、複数の案件に広く分散させて投資することが必須です。

ソーシャルレンディングを使って投資をする際にはこの「複数サービスを使って複数案件に分散投資すべき」という点は必ず頭に入れたうえで投資するようにしましょう。

誰でも簡単にできることですが、誰もが簡単かつ確実にリスクを遠ざけてくれる方法です。

リスク①ソーシャルレンディングは元本保証がない

ソーシャルレンディングも元本割れのリスクはある資産運用する上で一番気になるといっても過言ではないのが「元本割れして損をするのではないか」という点です。

投資を通して資産を増やしたいという思いとは反対に、投資によって資産が減少してしまうのは精神的にも非常にダメージを受ける原因となってしまいます。

ソーシャルレンディングも元本保証がなく、投資元本よりも資金が減少する可能性があることは確かです。

そのためあらかじめ投資を決める前にその案件について「担保はついているか?」「どのような種類の担保になっているのか?」「万が一の場合には担保でどの程度保証できそうなのか」という点にはしっかりと気を配っておく必要があります。

こうしたリスクへの対応策で有効なのは「複数の案件に分散投資する」ことです。
利回りが数ある案件の中でも特に高いからという理由で1つの案件に多額の資産をつぎ込むのではなく、意識的に複数の案件に資産を振り分けて投資をすることで、1つの案件におけるリスクを低下させることができます。

\\*上場する不動産企業運営で信頼性抜群*//

不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

リスク②予定配当利回りよりも実利回りが低くなる可能性がある

株式投資や一般的な不動産投資の場合でもいえることではありますが、当初予定されていた配当利回りを下回る可能性があります。

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の場合には、実際にファンドが投資を実行し投資先が物件の開発・運営、事業の運営をしていきます。

その中で開発や運営などの計画が予定通りに進まず、想定していた利益が上がってこない場合には目標としていた配当利回りを下回る可能性が出てきます。

しかし反対に予定よりも順調に開発・運営が進んだ場合や各種制度・政策の変更により恩恵を受けるようなことがある場合には、当初の目標配当利回りよりも高い利回りを得られる可能性もあります。

この点については募集案件の概要・物件概要などの確認できる資料をしっかりと読み込み物件稼働率や進捗状況などを確認し、「この利回りの実現可能性は高いのか、低いのか」という点は自己で判断できるようにしておきましょう。



リスク③ソーシャルレンディングは途中解約ができない

ソーシャルレンディングは途中解約不可株式投資の場合には市況が悪化してきたり、利益が期待できなそうな状況になれば保有株式を売却したり空売りをするなどの対応ができますし、不動産投資の場合には保有物件の売却などで保有資産の現金化が可能です。

しかしソーシャルレンディングの場合には満期まで解約することができず、急に現金が必要になったという場合でも解約して現金化することは不可能です。

そのためソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)をする場合には投資する資金とは別にいつでも引き出せる現金をとっておくことをおすすめします。

リスク④自然災害/企業の経営状況などによる貸し倒れリスクがある

ソーシャルレンディング貸し倒れこれまではソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の一般的なデメリット・注意点としてあげられるものを取り上げてきましたが、この「自然災害・経営状況による貸し倒れリスク」はソーシャルレンディング特有といえるものです。

不動産投資型自然災害によって工事中の案件がストップする/マンション・オフィスの入居率が急激に低下する
融資型経営状況の悪化により融資先が倒産するかもしれない

不動産投資型の場合には地震や台風などによって物件が深刻なダメージを受けたり、融資型の場合には上場企業とは異なり財務状況等も把握できないために「いきなり融資先が破産する」という場合も十分に考えられます。

こういった点は投資案件の担保情報の確認はもちろん、特定の分野への投資だけでなく不動産投資型・融資型・その他投資型の広い分野へ投資していくことでリスクを軽減できるようにしていく必要があります。

まとめ|ソーシャルレンディングにもリスクはあるがちょっとの調査で簡単に避けられるものが多い

最後にもう1度ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)で投資をするうえでのデメリット・注意点と対処法を確認しておきます。

-ソーシャルレンディングのリスク・デメリット-
  1. 担保はついても元本保証がない
  2. 予定配当利回りよりも実利回りが低くなる可能性がある
  3. 投資実行後には途中解約ができない
  4. 自然災害・経営状況によっては貸し倒れリスクがある

ソーシャルレンディング投資でも、その他の投資商品のように元本保証がないというような投資家にとっては非常に気になる点もあります。

しかしこういった点はソーシャルレンディング運営企業によっては「担保をしっかりと確保することで対応」している企業もありますし、「これまでの実績で貸し倒れなども発生させていない」というような企業も存在しています。

ここ数年では不動産事業をメインとして行う上場企業が運営するようなソーシャルレンディングサービスも複数立ち上がっています。

そのため実際に投資を行う場合、実際の投資案件だけでなく、そもそも利用するソーシャルレンディングサービスの運営企業まで簡単にでも調べ、そのうえで案件ごとに最低限の情報の整理をしてから投資を実行するようにしましょう。

こうすることでリスクの大部分に対応したうえでの投資が可能となっており、分散投資も効いて多少の失敗も平気で受け入れられるだけの状態になっているでしょう。

ソーシャルレンディング投資はたしかに一度投資してしまえば基本的には満期まで資金の引き出しはできない、つまり一定期間資金拘束されるというデメリットもあります。

ただ、投資にあまり時間を割けないサラリーマンや主婦の方などは株式投資やFXなどのような価格変動の大きな市場の動きにとらわれることもなく、仕事や家事、趣味に没頭することも可能です。

「時間があまりとれない」「価格変動で精神を無駄にすり減らしたくない」というような方には非常におすすめできる投資法の1つとなるでしょう。

是非一度、1万円からでもソーシャルレンディング投資を始めてみてはどうですか?

【おすすめソーシャルレンディングの組み合わせ&役割紹介】
・複数分野への投資でリスク分散もできる
ソーシャルレンディング maneo

・堅実性高く投資する用
不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

・年率10%前後の高利回りを狙う用
世界の信用市場をひとつに、海外投資ならクラウドクレジット

error: Content is protected !!