ソーシャルレンディングの教科書

ソーシャルレンディングの5つのメリット|少額資産運用&短時間でも簡単に投資できる

【目的別おすすめ資産運用サービス】

ソーシャルレンディングはサラリーマンでも主婦でも1万円という少額資金で始められ、株式投資よりも高い利回りが期待できる資産運用方法です。

「仕事が忙しく株式投資はニュースを追えないし銘柄を調べるのも大変」

「家事や育児で疲れて資産運用まで体力・気力がなかなか回らない」

ソーシャルレンディング投資はそんな方でも簡単に、短時間でできます。

毎月少額ずつ入金しての投資もできるのでヘソクリやお小遣いの運用にも最適な投資法です。

今回はそんなソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)のおすすめポイント・メリットについて紹介していきます。

ソーシャルレンディングのメリット|なぜおすすめ?

私が考えるソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)のメリットは5つです。

ソーシャルレンディングのメリット
  1. 少額でのあらゆる分野への可能に
  2. 時間的な制約を受けにくい
  3. 高い利回りが期待できる
  4. 値動きに気を揉む必要がない
  5. 投資先の中身・投資スキームを把握したうえで投資ができる

メリット①ソーシャルレンディングは1万円あれば投資ができる!

代表的な資産運用方法とソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)との最低投資金額について比較してみます。

【運用タイプ】 【運用期間】【最低投資金額】
ソーシャルレンディング中期 10,000円
株式投資 超短期~長期100,000円前後
不動産投資中期~長期数百万~数千万円
仮想通貨投資超短期~長期数千円~
確定拠出年金長期5,000円

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)は資産運用方法としてメジャーな株式投資や不動産投資よりも最低投資金額は安く、サラリーマンのお小遣いでも投資することも可能です。

仮想通貨は最低投資金額は安いものの、投資対象となる通貨技術が複雑で勉強に多くの時間が必要となりますし、税制面や価額変動という面でも難易度の高い運用先となっています。
そのため投資経験者でも敬遠する人が多く、初心者やあまり投資に時間の割けない人には不向きな運用タイプでといえると思います。

確定拠出年金は月5,000円から積立することができますが積立運用分は60歳まで引き出しが不可となっているため、長期というよりも超長期運用というタイプで少しその他の運用タイプとは毛色の異なるものになっています。

ソーシャルレンディングであれば数か月~2年程度で満期になるので、確定拠出年金(iDeCo)のような長期的に資金拘束されるといった心配もありません。

そのため「運用益を私生活の充実にあてたい」という方でも最適な運用手段の1つだといえます。

メリット②ソーシャルレンディングは時間的な制約を受けにくい

資産運用する上で重要になるのが「時間」です。

株式投資にしろ不動産投資にしろ、投資をするためには基本的な知識の習得はもちろん、各企業や物件の詳細な調査が必要です。

そのため投資を実行するまでに長い時間を要します。

ソーシャルレンディングでは投資スキームや把握すべきリスクなどは全て投資案件ごとにまとめられており、初心者の方でもあまり時間が取れない方でも簡単にリスクなどについも把握することが可能です。

資産運用方法の中でもメジャーな株式投資と不動産投資と比較してみます。

ソーシャルレンディング投資案件で注意すべき事項はあらかじめまとめられており、投資後は定期的な運用報告の確認程度のみで時間がない場合でも取り組みやすい
株式投資保有株式についての調査他、投資候補先選定のための情報収集や株式市況、政策についての勉強で多くの時間を要す
不動産投資購入物件の選定や各種手続きに時間を要す

投資を敬遠する人の理由としてあげられることの1つに「難しそう」「よくわからない」ということがあります。

その感覚は間違っているとはいえず、株式投資にしろ、不動産投資にしろ、初心者が取り組み始めるといった場合には理解すべきことが数多くあるうえに日々勉強し続ける・調査し続けるということが利益を得ていくためには必要不可欠と言えます。

その一方でソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の場合には注意すべきリスクなどについても簡単に把握できるようになっており、運用開始後は満期まで定期的な運用報告の確認程度でOKです。

そのためサラリーマンや主婦など毎日まとまった時間が取りずらいという方、将来的には株式投資や不動産投資をメインにしたいと考える資産運用初心者に適した運用方法です。

メリット③ソーシャルレンディングは高い利回りが期待できる

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)は比較的安定して高い運用利回りが狙えることも人気の理由となっています。

株式投資の場合には平均配当利回りが1~2%前後とあまり配当利回り自体に魅力があるとは言えません。

しかしソーシャルレンディングの場合には平均5~10%の利回りを目標とする案件がほとんどとなっています。

単純な利回りの比較でもソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)には魅力を感じますが、さらにソーシャルレンディングは株式投資のように日々の株価変動による損益変動も気にする必要がなく比較的リターンも予想しやすい運用タイプということも大きな魅力となっています。

メリット④値動きに気を揉む必要がない

ソーシャルレンディングでは投資を実行した後は事前に定めらた満期まで解約することができません。

そのため急に資金が必要になった場合などには対応ができません。

しかし株式投資などでありがちな「値動きが気になって頻繁に証券口座を確認してしまう」といったことにはならず、資産運用をしながらも仕事にもプライベートにも集中することができます

メリット⑤不動産投資案件の場合はJ-REITと異なりある程度投資先を把握したうえで投資ができる

株式投資を少し勉強したことのある人の場合、「J-REITも不動産への投資になるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

J-REITは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。不動産に投資を行いますが、法律上、投資信託の仲間です。

-一般社団法人投資信託協会より

J-REITは株式市場に上場された商品のために株価変動による影響も受けるだけでなく、投資対象物件の中身が見えづらかったり複数の様々な種類の不動産を1つまとめて運用する商品となっています。

そのため特に投資経験が浅い人にとってJ-REITは投資対象として判断がしづらいというデメリットがあります。

しかしソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の場合には、不動産案件の場合には個別物件や数個の不動産を組み合わせた案件がメインとなっています。

そのためソーシャルレンディングでの不動産投資では個人投資家でもある程度投資先の状況を把握した状態で投資判断をすることができます

ソーシャルレンディングサービスによっては具体的な物件まで把握することも可能です。

さらに最低投資金額もJ-REIT商品よりも低額なものが多いため、自分で複数案件へ分けて投資することで分散投資によるリスク低減効果も得られます。

主なソーシャルレンディングサービス

最低投資金額3万円ソーシャルレンディング国内最大手で、シェア50%以上。不動産関連はもちろん、中小企業支援への融資案件などを扱う。 取引手数料無料。運用利回り5~8%。

>>ソーシャルレンディング maneo

クラウドバンク最低投資金額1万円国内初の証券会社が運営するソーシャルレンディング。不動産関連はもちろん、中小企業支援や新興国のマイクロファイナンスへの融資案件など様々な案件を扱う。2016年運用終了したファンドでは実績平均利回り6.78%。

>>クラウドバンクで資産運用

 SBIソーシャルレンディング最低投資金額1万円国内屈指の総合金融企業SBIグループの一員、業界2位。1件当たりの募集金額が大きい案件が多いのが特徴。運用利回り2~10%。

>>SBIソーシャルレンディング

OwnersBook最低投資金額1万円東証マザーズ上場を果たしたロードスターキャピタルの子会社が管理・貸付等を行い、同社が全体を管理。投資対象を国内の個別不動産に特化し、案件ごとにリスクを見える化することで投資家が自らリスク許容度に応じて応募が可能。利回りは5~6%中心。サービス開始より全案件で貸し倒れなし。

>>不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

crowdcredit最低投資金額1万円海外案件に特化したサービスを展開。海外の消費者ローンや事業者ローンなどを中心に投資。国内ソーシャルレンディングサービスの中でも比較的高い利回りの案件多く、平均年利回り10%。伊藤忠商事が株主

>>海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

まとめ/ソーシャルレンディングのメリット

近年仮想通貨など新たな投資先も誕生してきましたが、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)はサラリーマンや投資初心者にとって最適な資産運用方法です。

毎月の小遣いの中でもできる最低投資金額の低さ・高い利回り・日々の値動きでストレスが溜まる心配なし・時間的な制約も受けにくいという面をみてみると、その他の資産運用先よりもサラリーマンや投資初心者が気軽に始めやすい仕組みになっています。

もちろんいくつかデメリットもありますので、その点も実際に投資する前に確認してたうえで、ソーシャルレンディング投資を検討してみてはどうでしょうか。

error: Content is protected !!