【塩ダカラ ライチ&ヨーグルト】ポカリスエットだけじゃない!汗対策におすすめ飲料はこれ!

雑記

こんにちは。
今日は最近外仕事で重宝しているドリンクを紹介しときます。

今までスポーツドリンクといえばポカリスエットかアクエリアスだけでしたが、今は逆にこれだけになってます。

1.おすすめその1:ライチ&ヨーグルトで甘すぎずスッキリ飲める

ポカリスエットやアクエリアス等のスポーツ飲料は夏の水分補給に必須です。しかし、代表的なスポーツ飲料であるポカリスエットやアクエリアスは飲んだ後に口の中にくどく感じるような甘さが長時間残ってしまいがちで、結局「ポカリスエットやアクエリアスを飲んだ後にお茶や水を飲みたくなる」という人も多いのではないでしょうか?

”塩DAKARA ライチ&ヨーグルト”ならすっきりした味わいでゴクゴク飲める上に後味もすっきりしていて一般的なスポーツ飲料のような後味の悪さはありません。

スポーツドリンク特有の後味の甘さが苦手な人には特におススメです!

 

2.おすすめその2:熱中症対策飲料で発汗時の塩分補給にも

厚生労働省が熱中症対策として推奨しているナトリウム量というものがあるのですが、その数値は100mlに対してナトリウム量40~80mgです。

 

ナトリウムとは塩素とともに食塩を形成する栄養素で、体内の水分量の調節や、神経や筋肉を正常に動かすために働いたりする役割を持つものです。

夏場にはこれが大量の汗により失われ、嘔吐等の体調不良のもとになるためナトリウムを適切に補給する必要があるのです。

 

失われたナトリウムを適切に補給することが必要になり、その目安が先ほどあげた厚生労働省の推奨する40~80mg/100mlです。

そしてこの条件をポカリスエットは満たしています(49mg/100ml)が、アクエリアスは34mg/100mlで以外にも満たしていません。

 

塩DAKARAの場合には40mg/100ml含まれており、夏場のスポーツドリンクとして推奨できる水準にあります。

 

3.おすすめその3:凍らせ飲もう!半溶けのシャーベット状で身体の芯から涼しさゲット!

塩DAKARAの飲み方でおすすめは半分溶かしたシャーベット状で飲むこと!

一般的なペットボトル飲料を凍らせた場合、冷えていないドリンクに氷を入れた時のようにシャーベット状にはならず、個体の状態から液体の状態に一気に溶けていきます。

一方で塩DAKARAの場合には食塩を構成するナトリウムが多く含まれているため、”個体→液体”と一気に溶けていくのではなく、個体から液体に変化する過程で”シャーベット状”になります。

塩DAKARAの場合にはこの状態を飲み頃だとおススメします。

 

夏場で外仕事をする方や外で遊ぶ子ども達は上昇する体内温度を大量の汗を書くことでで体内温度の調整をしています。

そこでシャーベット状という飲める状態のうち一番冷えた状態で飲めば、水分補給をしている一方でかき氷のようなものを食べている感じでもあり、熱々になった身体をしっかりと冷やしてくれます。

しっかりと冷えている分、子どもにありがちな”飲んでも飲んでも乾きが取れずに水分を取りすぎてお腹を壊す”ということも少なくなるのではないでしょうか。

 

 

4.特におすすめシチュエーション

ペットボトルホルダーやクーラーボックスとの組み合わせで一気に溶けすぎるのを防いで持ち歩けば外回りの人にも子どもの部活動等にもおすすめ!

 

現在のように気温30度を優に超える暑さの中では、外に持ち歩いていたらものの10~20分でベストな飲み頃の状態になってしまいます。

 

そこで、できればクーラーボックス、それがなくても保冷機能のあるペットボトルカバーに入れておくのがベストだと思います。

 

喉が少しずつ乾き始めたところで、クーラーボックスに入れているならば外に出し、溶け具合をみてシェイクして綺麗にシャーベット状にしていきます。

コップがあれば尚ベストですね(笑)

熱々な天気の中、身体も熱々の状態。

そこにシャーベット状のドロドロした液体をゴクゴクと鳴らしながら飲む。

最高ですね。
みなさんも、ぜひ一度、この快感を。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました