プログラミング

おすすめNo.1はポテパンキャンプ!実務未経験の私がプログラミングスクールを比較しポテパン受講を決めたワケ|評判・実績も紹介

おすすめプログラミングスクール・ポテパンキャンプ
【目的別おすすめプログラミングスクール】
  • WebCampPRO
    |転職成功率98%!エンジニアとして転職したい人におすすめ
  • ポテパンキャンプ
    |Railsエンジニアとして自社開発企業に転職したい人におすすめ
  • テックアカデミー
    |オンラインでプログラミングを学びたい方におすすめ
  • Aidemy
    |AI(人工知能)分野特化のスクール。AIを学びたいならここ

「地方在住でも本当に力をつけられるプログラミングスクールを知りたい」
「安くて質のいいスクールはどこなの?」
「ただ転職支援付きだけじゃなくて、転職先企業の質もいいスクールが知りたい」

この記事はこんな悩みを持つ方におすすめの記事になっています。

人気のプログラミングスクールといえば「Tech Academy」や「WebCamp」などが挙げられますが、それら以上に私が魅力を感じて、実際に受講を決めたのがポテパンキャンプです。

今回は私が数あるスクールを比較した上でポテパンキャンプの受講を決めたポイントを紹介します。

質・料金・転職支援どれもが一番!

ポテパンキャンプの無料カウンセリング予約はコチラ



Rails特化のスクール・ポテパンキャンプとは

転職特化型Railsスクール・ポテパンキャンプ

まずはポテパンキャンプの特徴について簡単に解説しておきます。

ポテパンキャンプを運営する株式会社ポテパンは、エンジニア専門の転職サービス「ポテパンキャリア」、フリーランスのエンジニア向けの案件紹介サービス「ポテパンフリーランス」、そしてRails特化のプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」を運営しています。

ポテパンキャンプはこれまで数多くの卒業生を輩出しており、運営も過去数千人のエンジニアの案件紹介や転職支援に携わってきたポテパンの代表や、数億円の資金調達も実施したスタートアップ企業でCTOも務めた人物が運営・メンターとして携わるなど実績の確かなスクールになっています。

>>3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

本気で転職目指すからこそポテパンキャンプでは選考あり|「落ちた」報告も珍しくない

プログラミングスクールの特徴として、完全未経験でもほとんどのスクールでは問題なく入学することができます。

某プログラミングスクールの体験談サイトでは「パソコンも買ったことがないので、パソコン購入からお手伝いしてもらいました」のようなものもあります。

しかし本気でエンジニアとして転職したいと考えている人は、まずは自分でパソコンを用意することはもちろん、そもそもスクールに通う前から何かしらのアクションを起こしていることが大半です。

今ではProgateやドットインストールなど無料でもプログラミングを学べる仕組みができているので、なおさらです。

ポテパンキャンプは本気でRubyエンジニアとして転職を目指す人のみを受講の対象としていて、実際に転職を成功させるために質の高いメンターを確保し、加えて他のスクールと比べても格安とも言える価格でプログラミングスクール事業を展開しています。

そのためポテパンキャンプは「完全初心者でもOK」と言うスタンスではなく、「自分でProgateで勉強していたり、Railsチュートリアルをやっている人」しか受け入れておらず、実際に選考を受けて落ちる人もザラにいます。

「本気でRubyエンジニアになりたい」と言う人、さらに「SESじゃなく自社サービス開発をしている企業にエンジニアとして転職したい」と言う人は、まずはProgateまではクリアしてから、ポテパンキャンプの選考を受けましょう。

取り扱う言語はRuby、フレームワークはRuby on Railsのみ

他のオンラインでの受講が可能なプログラミングスクールの場合ですと、Ruby・Rails以外にもPHPやSwift、Javaなど多様な開発言語が学べるようになっているところがほとんどです。

それに対してポテパンキャンプでは完全にRuby・Railsにのみ絞ったプログラムとなっており、取り組む課題もRailsで構築されたオープンソースのECパッケージを使った内容となっています。

Ruby・Railsに特化することでポテパンキャンプの売りの一つでもあるメンターの質を維持しやすくなりますし、教える側としてのノウハウの集積や転職候補先となる企業からみても、スクール全体で特定の開発言語に特化しているのはプラスに働いているのではないでしょうか。

通学/オンラインどちらでも受講可

私のような地方在住者にとって重要なポイントになるのが、「オンライン上で受講を完結できるか」という点です。

フリーの人ならまだしも、地方に住んでいて、しかも働きながらであれば自ずと選択肢はオンラインを使った方法しか無くなります。

人気スクールの中にも「転職支援付」や「転職保証付」を謳うサービスはいくつもあります、私も無料のカウンセリングを受けたりもしましたが、それとなく「オンラインのみなら難しい」ような旨のことも言われたりしていました。

ただポテパンキャンプは通学できる場合でも基本的には「出された課題に対して自分一人で取り組み、わからないことをSlackやレビュー会を使って解決させながら進めていく」ような形なのでオンラインだけでも問題ないようです。(転職のための面談などは上京の必要あり)

メンターは全員現役のエンジニアで質が高い

大手のスクールの口コミや評判を見て、特に気になるのがメンターの質です。

大手と言われるスクールもメンターに着くのは大学生であったり、クラウドワークスなどのクラウドソーシングで募集されたフリーのエンジニアという場合がほとんどです。

そのため受講者の質問に的確に応えることができなかったり、メンターによって受講満足度に大きなバラツキが出ているのが現状です。

ポテパンキャンプでは数億円の資金調達も行なったスタートアップ企業でCTOを務めていたエンジニアを始め、現役エンジニアがメンターとして控えています。

そのため実際の現場レベルでのレビューが受けられるようになっています。

この点が他の競合との大きな差となっているようで、ポテパンキャンプ卒業生の多くは高い評価を受けてRubyエンジニアとして転職を実現させているようです。

コースは3ヶ月のキャリアコース/4ヶ月のビギナコースの2種類

ポテパンキャンプのコース内容は2つです。
1つが実務未経験者向けのビギナーコース、もう1つが実務経験者向けのキャリアコースです。

コース名料金内容
ビギナーコース162,000円実務未経験者向けで、Railsチュートリアルの解説動画&質問対応付きの受講期間4ヶ月のコースです。独学者の場合はここからのスタートになります。Railsチュートリアルを7割程度理解できれば実践的な課題へ移行できます。
キャリアコース108,000円実務経験者向けで、他言語で開発に携わってきた人などが対象となっており、受講期間は3ヶ月です。

ほとんどの人がビギナーコースからスタートするようですが、できるだけスムーズに課題に移行できるよう、ビギナーコースの受講前に独学でProgateやRailsチュートリアルに取り組んでおく必要があります。


料金はキャリアコース10万円、ビギナーコース15万円と他社比較では格安

ポテパンキャンプの大きな魅力の1つは、やはりその価格です。

他のスクールでは3ヶ月も学べば30万円〜50万円近い料金が必要になります。

しかもスクールによっては受講のために今の仕事を辞めて3ヶ月間みっちりと通学させるところもあれば、「転職できない場合には全額キャッシュバック」と謳いながらも転職先企業の質が悪かったり開発職に付けないところしか内定が出ないという場合もあるようです。

ポテパンキャンプは3ヶ月間質の高いサービスを受けても10万円、ビギナーコースの場合でも15万円程度しかかかりません。

さらにポテパン経由での転職が決まればキャリアコース分の料金がキャッシュバックされるので、例えば未経験者も下のような流れで転職が決まれば実質的な出費は約5〜7万円程度で金銭的な出費もほぼないままRubyエンジニアとして働き出せるようになっています。

未経験から転職までの流れ
  • Progateの月額980円の有料会員になってHTML&CSS、JavaScript、SQL、Git、コマンドライン、Ruby、Railsのコースをクリアする
  • Railsチュートリアルをできる範囲で2〜3周やる
  • ポテパンキャンプで実践的な経験積む

他のスクールの体験談を見ると「パソコンを買うところから教えてもらった」というような話もありますが、本気で転職を考えている人なら自分である程度の学習を進めておくことは必須でしょう。

しかもそういった少し調べれば誰でもわかるようなところに多くのお金を使うのは非常にもったいないです。

他のスクールの受講料が高いのは、本気で転職したい!という人や転職できるレベルまで達せない人が多いから受講料でも利益を出せるようにする必要があるのであって、ポテパンキャンプは本気で転職を考えている人が多く、実際に転職成功者をどんどん輩出しているからこそ実現できる圧倒的な低価格でのサービス提供になっています。

課題内容はオープンソースECパッケージを使った開発

ポテパンキャンプのカリキュラムは実践的|オリジナルECサイトを作成「既に形のあるサービスをいじって作る」という難易度高い課題をこなしていく

競合他社のスクールもいくつも比較してきましたが、課題の内容は「どこも大きな差はないな」という印象でした。

例えばTwitterのクローンサービスや簡単なチャットアプリ、APIと呼ばれる仕組みを利用してアイテムシェアサービスの開発といった具合です。

自分でRailsチュートリアルまでやりながらいろんなスクールを比較して思ったのが、「ここに書いてあるカリキュラムなら大半は大金出して学ぶ必要ないじゃん」ということです。

RailsチュートリアルがそれこそTwitterのクローンのようなアプリを作りながら開発を学んでいく内容で、Railsチュートリアル公式の解説動画も3万円程度で視聴可能なほか、ポテパンキャンプでもRailsチュートリアルの解説動画+質問対応付きのビギナーコースならキャリアコースにプラス5万円程度で学べるようになっています。

一応オリジナルサービスの開発もカリキュラムにはあるようですが、そういったレベルのカリキュラムでできる開発は期間的にも凝ったもの難しいのが現状です。

一方ポテパンキャリアは人気のスクールとはカリキュラム内容は一線を画していて、実際に使われているオープンソースのECパッケージを使って実践的な課題に取り組んでいく実践的なカリキュラムで、さらに現役バリバリのエンジニアからのコードレビューで実践的なスキルを身につけることができます。

そのため完全初心者は受講自体断られることもあり、ある程度は自分で学ぶくらいの意欲ある人しか受講できません。

実際の課題内容は以下のようなことをやるようです。

ポテパンキャンプ課題内容
  • 環境構築手順書を参考にRails開発環境構築
  • Ruby on Rails製のオープンソースECパッケージ(Solidus)の解析
  • 商品データを商品ページに表示(テキスト、画像)
  • 商品データをカテゴリー別にカテゴリーページに表示
  • 商品ページで類似カテゴリー商品を表示
  • 商品絞り込み検索システムの構築(色、サイズ、値段、フリーワード)
  • 商品の並び替え機能の構築
  • ショッピングカート機能の構築
  • 購入フォーム機能の構築
  • クレジットカード購入機能の構築
  • メール機能の構築
  • DBテーブルの作成
  • ブログ機能の構築(入力・出力)
  • 最新記事情報の出力
  • RSpecでの自動テストの実行

”実際既にあるサービスを自分で改修していく”ことで本当に実践的な力が着いていくようなカリキュラム設計となっていて、本気でRuby・Railsのエンジニアとして働いていきたい、力をつけたい人には最適な内容になっています。

>>エンジニア転職専門のポテパンと急成長スタートアップCTOで運営する転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

転職紹介先企業は全て自社開発企業

ポテパンキャンプは自社開発企業のみを紹介|高いスキルを身につけられるからこそポテパンキャンプは上場企業や注目度高いスタートアップまで、自社開発企業のみを紹介|高いスキルを身につけられるからこそ

ポテパンキャンプが質の高いサービスを提供している証とも言えるのが、転職紹介先企業の内容です。

他サービスでは転職保証付のサービスでも「転職してみるとなかなか開発に携わる機会がない」というケースも少なくなかったり、SES企業と呼ばれる「客先に常駐して働くような企業への転職が多く希望していた働き方と違う」というケースが多いようです。

しかしポテパンキャンプの場合には数千人のエンジニアのキャリアコンサルタントとして従事してきた経験のある代表の知識・ノウハウ、エンジニア専門の転職サービス「ポテパンキャリア」を展開する中で培った繋がりやノウハウを生かしてその全てが”自社開発企業”となっています。

そのため転職後は本当にRubyエンジニアとして働き始めることができる企業のみを紹介しており、安心してスキルの向上に集中することができます。

受講後は集中して少しでも多くの課題を丁寧にこなしていくことができれば、あとは経験豊富なコンサルタントのアドバイスにしたがって面談をこなしていくだけ。

転職候補企業も安心できるところが揃っているのがわかっていると、集中して取り組めるのでいいですね!

Rubyエンジニアになりたいならポテパンキャンプ一択!

エンジニアとして働けるだけのスキルをつけたいと、私も数多くのスクールを調べては比較し悩みに悩んできました。

当初は独学でサービス開発までやって自分で企業にアピールして雇ってもらったり、自分でサービスを作っていくことも考えましたが、やはり短時間で確実に力をつけるには良いスクールの力を借りるのが最短距離です。

ですがどのスクールも「地方在住のままでも質の高いスキルを身につけられるか」「オンラインで完結できるか」「カリキュラムはどうか」「料金はどうか」「メンターの質は高いか」といった点で大きな差はなく諦め掛けていました。

しかしその中で、Ruby特化のせいか知名度は高くないものの、「実践的なスキルを身につけられるカリキュラム」で「メンターの質も高く」て「料金も破格」な上にスキルが認められれば「上場企業などのRubyエンジニアとしても転職可能」なポテパンキャンプを見つけました。

他の転職保証付のスクールもカウンセリングを受けたりもしましたが、その上でもやはりRubyエンジニアになりたいならポテパンキャンプしかありません。

私もポテパンキャンプの受講を決めました。

無料カウンセリングもありますし、そのカウンセリングもキャリアコンサルタントとして実績豊富なポテパンの代表の方が対応してくれますので、聞きたいことはなんでもズバズバ聞けますよ!笑

皆さんも、Rubyエンジニアに興味がある方は、ぜひポテパンキャンプを検討してみてください!

Ruby/Railsエンジニアならポテパン!電話で気軽に相談できます
ポテパンキャンプの無料カウンセリング予約はコチラ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!