プログラミング

ポテパンキャンプの無料カウンセリングでわかった10のポイント|No.1おすすめプログラミングスクール・ポテパンキャンプ

無料カウンセリングでわかった! 「ポテパンキャンプ 10のポイント」とは?
【目的別おすすめプログラミングスクール】
  • WebCampPRO
    |転職成功率98%!エンジニアとして転職したい人におすすめ
  • ポテパンキャンプ
    |Railsエンジニアとして自社開発企業に転職したい人におすすめ
  • テックアカデミー
    |オンラインでプログラミングを学びたい方におすすめ
  • Aidemy
    |AI(人工知能)分野特化のスクール。AIを学びたいならここ

「ポテパンキャンプってどんな特徴があるスクールなの?」
「もっと具体的にポテパンキャンプについて知りたい」

この記事ではこんな疑問に答える内容になっています。

ポテパンキャリアはRails特化のプログラミングスクールで、Rubyエンジニアとしての転職をゴールとしたカリキュラムが設定された実践的なスキルを学べるスクールです。

今回はそんなポテパンキャリアの受講を決めた私が、「無料カウンセリングを通してわかったポテパンキャンプの10のポイント」を解説します。

ポテパンキャンプで無料カウンセリングを申込む



ポテパンキャンプの無料カウンセリングを受けてわかった10のポイント

私がポテパンキャンプの無料カウンセリングを体験してわかったポイントは以下の10個です。

他の記事にはない情報もあると思うので、是非参考にしてみてください。

  1. カウンセリングは電話でもOK
  2. カウンセリングは人材紹介会社出身の代表自ら対応
  3. ビギナーコースでも誰でも受け入れるわけではない
  4. 受講はオンラインのみで完結
  5. ビギナーコースでもキャッシュバックは10万円分のみ
  6. ポテパンキャンプはRailsTutorialと正式に提携して動画や質問対応サービス提供
  7. ビギナーコースのRailsTutorial動画はスクール開始前でも早めに入金後すれば閲覧可能
  8. ビギナーコースでもRailsTutorialを早くクリアすればすぐに課題に移行可能
  9. レビュー会のオンライン対応はないが、Slackで共有はあり
  10. 転職前提の希望者を優先的に受け入れ中



関連:【実質無料・転職支援あり】Rails特化で学べるおすすめプログラミングスクール2選|私はポテパンキャンプに決めました

カウンセリングは電話でOK!テレビ電話不要で気軽に

ポテパンキャンプのカウンセリングは電話でOK
プログラミングスクールの無料相談や無料カウンセリングについては、なぜかどこも音声電話ではなく、テレビ電話を使ったものばかりになっています。

カウンセリングなどはスクールのカリキュラムについての説明や質問・勉強法についての相談などのみで特に画面共有するようなこともなく、なぜそういった方法をとるのかイマイチわかりません。

カウンセリングの時間帯も、働いている人ならば夜の時間帯が多くオフモードで人に見せられる状態ではない人も多いんじゃないでしょうか?

その点ポテパンキャンプは通常の通話のみなのでパジャマでも良いし、すっぴんでも良い、ベッドでゴロゴロしながらでもなんの問題もありません(笑)

気軽に相談できるという点では相談しやすいスクールでした!

カウンセリングはIT系特化のキャリアカウンセラー出身の代表自ら対応

ポテパンキャンプに興味を持ち、無料カウンセリングを申し込んで実際に受講を決めるまでのやりとりは、最初のカウンセリングの日程決め以外は全て株式会社ポテパンの代表である宮崎さんでした。(たぶんそう!同姓の人だったらごめんなさい…笑)

なので疑問に思ったことを質問すればレスポンスも非常に早く返ってきますし、対応もすごく丁寧です。

受講するにはどの程度のスキルレベルが必要なのか、カリキュラムはどんな感じで進むのか、オンラインだけでも完結させられるのか等、疑問に思うことは無料相談の時にしっかり確認できるようにしておくといいですね!

ただ電話カウンセリング後もメールで質問すれば迅速かつ丁寧に答えてくれるので、もし知りたいことが追加で出てきたりしても安心です!

ポテパンキャンプの無料カウンセリング予約はコチラ

「ビギナーコース=誰でも参加できる」わけではない

ポテパンキャンプの場合は、まず無料カウンセリングの段階で履歴書の選考があり、そのあとに電話でのカウンセリング&選考となっています。

履歴書は書式フリーでこれまでの経歴などや自己PRでプログラミング習得のためにやってきたことを書いておけば良いでしょう(それでも落ちる場合はたぶん年齢とかくらいなはず)。

電話ではポテパンキャンプについての説明&プログラミングの学習状況の質問などをしつつこちらからも質問があれば質問をする、くらいの内容です。

合否は結構早めにメールできます。

「合格ありきの選考」かと思いきや、結構落とされるみたいですね!

NewsPicksでの代表の宮崎さんや講師を務める岡本浩治さんへのインタビューでは、受講希望者100人に対し、合格者は20名程度ということも話しています。

まず、受講に応募するために条件があります。すでに独学やWebサービス、プログラミングスクールなどでRubyを勉強して基礎がわかっていること。そのハードルを超えて応募してくるのは、毎月100人。
そこから、書類選考や面談を経て、最終的に受講できるのは大体20人です。エンジニアはコミュニケーション能力がないと開発が円滑に進まないので、面談をして、そこも選考しています。

質の高いカリキュラム・支援制度のぶん、受講するまでも険しい道のりかもしれません。

*講師を務める岡本浩治氏についての情報はコチラを参考に


「合格ありきの選考あり」スクールとは一線を画するガチ選考のポテパンキャンプ

ポテパンキャンプはガチの選考あり
プログラミングスクールの特徴の1つというか、特にオンライン完結型のスクールの特徴といってもいいのが、「完全初心者でも、現時点で独学ゼロでも受講できる」ということです。

もちろんWebCampが提供する「WebCampPro(ウェブキャンププロ)
」やTECH::CAMPが提供する「TECH::EXPERT」など選考をクリアしないと受講できないコースを提供しているスクールもいくつもありますが、それらは”転職保証付”で”通学前提で3ヶ月間みっちりやる”コースのため働きながらの受講やオンラインでの受講はほぼ不可能に近いと言えます。

そういったスクールはもちろんオンラインのみでも完結させれたり、誰でも受講できるコースをいくつも提供しています。

しかしポテパンキャンプでは実務未経験者向けのコースであるビギナーコースでさえ選考が必須で、しかも実際に通過できなかった人も少なくありません。

それは「ハイレベルなメンターがいる」「自社開発する優良企業への転職前提」でのスクールなので「完全初心者状態の人」や「まず独学ででも学び始めよう」という気力のない人に限られた労力を割けないからでしょう。

そのため他のスクールの体験談にあるような「パソコンを買ってもらうところから教えてもらいました〜」的な人は最初から相手にされません(多分)。

しかしその分、本気で学びたい人・Rubyエンジニアとして転職したい人にとっては実践的な課題で確かなスキルが身につくほか、Rubyエンジニア全体で見ても能力の高い人(スタートアップのCTO経験者やRailsイベント登壇経験者等)がメンターにつくなどこれ以上ないスクールになっています。

受講はオンラインのみでも完結可能

ポテパンキャンプはオンラインだけで完結できる
ガチなRubyエンジニアとしての転職を目指すスクールとして、通学限定のプログラミングスクールかと思いきや、ポテパンキャンプの場合には全てオンラインで受講を完結できるそうです!

転職保証付ではありませんが、転職前提の格安料金でサービス提供しているので、競合スクールのように「3ヶ月通学してみっちりとやる!」みたいなのかと思っていたので意外でした。

ポテパンキャンプではオープンソースECパッケージを使った課題に取り組むのですが、「出された課題を一人でこなし、質問はSlackやレビュー会で、課題提出はBitbucketを使う」ようになっています。

他の受講者と連携して何かを作るというようなこともしない上に、選考を通してモチベーション維持させる仕組みが必要ないようなやる気のある方ばかりになっているので通学させる必要もないのでしょう。

一応通学して取り組めるようなスペースも提供されているようですが、移動時間も勿体無いし、ガツガツ一人で取り組める人ならオンラインだけでもなんの問題もないのでしょうね!

ポテパンキャンプの無料カウンセリング予約はコチラ

ビギナーコース=キャッシュバックは10万円分のみ

ポテパンキャンプではビギナーコース・キャリアコースどちらにも転職成功で受講料がキャッシュバックされる仕組みとなっています。

ただ、ビギナーコース受講の場合でもキャッシュバックはキャリアコースと同じ額(キャリアコース受講料の108,000円)のみとなっています。

これはおそらくビギナーコースで受けられるRailsTutorialの解説動画や質問対応などの分で、そちらに支払う分の金額も含んでいるからでしょうね。

ただそれでも転職成功すればキャリコースなら実質無料で、ビギナーコースでも実質5〜6万円程度の受講料になるので、やはり超格安ですね!

RailsTutorialを提供する企業と提携済|公式動画や質問サービスを提供

Ruby・Rails学習者が絶対に避けて通れない道がRailsチュートリアルでしょう。

大体が「Progateで基礎を学び、Railsチュートリアルでさらに発展的な学習をする」という流れになっていますし、実際この流れで学習するのが最も効率的だと思います。

ポテパンキャンプはRailsチュートリアルを運営するYassLab株式会社と提携しており、ビギナーコースではYassLabが提供するRailsチュートリアルの解説動画を視聴できたり、Railsチュートリアルに関する質問もできるようになっています。

そのため「Progateはクリアしたけど、Railsチュートリアルは難しくてなかなか進めない!」という人でも安心して取り組めるようになっています。

ビギナーコースで視聴できるRailsTutorialの解説動画は受講開始前でも早めの入金完了で視聴可&早めに課題へ移行も

「ビギナーコースではRailsチュートリアルの解説動画が見れる」ということは先ほど紹介しましたが、実はポテパンキャンプ受講を決めて入金した人は、受講開始前でもこのRailsチュートリアルの解説動画を視聴できるようになります!

そのため「受講は1ヶ月後で、その間にProgateの復習とRailsチュートリアルをやり込む!」という人は早めに受講を決めて入金しておくと良いでしょう。

受講開始までにRailsチュートリアルの理解を深めておけば、その分だけ早くECパッケージを使った課題へと移行できるようになります!

ポテパンキャンプの無料カウンセリング予約はコチラ



毎週土曜のレビュー会はオンライン非対応|Slack上での課題等への対応は非常に丁寧

ポテパンキャンプのメンターは超一線級で丁寧かつわかりやすい
ポテパンキャンプの売りの1つが、毎週土曜開催のレビュー会です。

実際の受講者のコードなどをみんなで共有しながらメンターがレビューする、というような内容になっています。

このレビュー会の講師を務めるのが株式会社ポケラボで技術責任者や注目度の高いベンチャー企業・ジラフのCTOも務めていた岡本浩治氏で、非常に評判が高いレビュー会です。

私もぜひ参加したいんですが、いかんせん地方在住者なので毎週の上京は流石に厳しい…

是非とも動画などを使ってオンラインでしか参加できない受講者にも共有して欲しいのですが、今のところはそういった動画での共有は内容です…

ただしSlackを使った質問への対応も、非常に丁寧でわかりやすいですし、Bitbucketを使ってコードを共有しながらの対応もあるようでやはりオンラインのみでも十分に参加する価値のあるサービスだなと感じました。

転職紹介先は全て自社で開発する企業のみ

ここも他のプログラミングスクールとは一線を画すところで、ポテパンキャンプでは転職紹介先企業は全て自社開発をしている企業のみでSESと呼ばれる”客先常駐”で働くタイプの企業への転職紹介はありません。

他のプログラミングスクールの場合には転職保証付きのコースを受講しても、転職先はSES企業だったり開発には携われないところだったりということも珍しくないようで、実際口コミなどでも見かけます。

しかし、ポテパンキャンプの場合にはSES企業などへの紹介はせず、全て自社でサービス開発を行なっている企業のみへの紹介となっています。

転職保証付ではないのですが、ポテパンキャンプで転職候補企業を紹介してもらえるレベルに達する人の評判は高いようで、実際に実務未経験者でも上場企業を含め複数の内定を獲得している人が続出しているようです。

本気でRubyエンジニアとしてスキルを身に付けたい、Rubyエンジニアとして転職したいという人はポテパンキャンプ一択といっても良いのではないでしょうか。

ポテパンキャンプの無料カウンセリング予約はコチラ

現在は転職希望者優先で受け入れ中|転職紹介先は東京のみ

ポテパンキャンプに参加する上での注意点なのが、「今は転職前提の受講希望者を優先的に受け入れている」ということです。

プログラミングができる人材が引く手数多な状況で、ハイレベルなメンター陣を確保し、さらに質の高い転職支援まで受けられるのにキャリアコースが108,000円、ビギナーコースでも162,000円と競合するプログラミングスクールと比較すると破格とも言える価格設定でしかもキャッシュバックまでできるのは、「実際にRubyエンジニアとして転職を実現できるだけの質の高いスキルを習得させられるスクール内容になっている」からに他なりません。

「質の高いスキルを習得してもらい、転職を実現する」ことでポテパン側の企業からの紹介手数料でやっと利益を出している状態なのは想像に難くありません。

「転職を強制するようなことはない」とのことでしたが、同時に「この料金だからうち経由で転職してもらわないと利益的に…」ということもちらっと聞きました笑

フリーランスで働きたいと考えている人も、まずはポテパンキャンプでしっかりと基礎を身につけて転職を実現し、2〜3年実務レベルの技術を身につけてからフリーになるのが良いでしょうね!

>>お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプがおすすめな人|ある程度独学でやってきた未経験者/他言語経験者で完全初心者は×

ポテパンキャンプは完全初心者(独学でも一切)はおそらく選考で落とされるようなプログラミングスクールで、しかも本気度高い人向けなので誰にでもおすすめできるスクールとは言えません。

おすすめなのは以下の条件に当てはまるような人でしょう!

  • 実務未経験者の場合
    ProgateやRailsチュートリアルを使って独学でも学んでいる人
    20代
    本気でRubyエンジニアとして転職したい人
  • 他言語での経験がある人の場合
    Railsチュートリアルをしっかり理解できている人
    本気でRubyエンジニアとして転職したい人

ある程度Progateなどで学んでいる人はすぐにでも無料カウンセリング受けてみて良いでしょうし、「まだこれから始める」という人は無料カウンセリングを受ける時期を逆算してProgateやRailsチュートリアルに取りかかると良いと思います。

実際にポテパンキャンプで学び始めることにしました

ここまでポテパンキャリアの無料カウンセリングを受けたレビューをしてきましたが、実際には私もポテパンキャンプの受講を決めました!

スクールの内容や料金が非常に魅力的だったのはもちろん、無料カウンセリングの時もメールでのやりとりも非常に丁寧で、「ここのスクールなら本気でやればしっかりと結果が付いて来そうだ!」と思ったのが大きな理由です。

カリキュラムをみても決して簡単な内容ではありませんが、しっかりと取り組んで年内・年度内にはRubyエンジニアとして転職を実現させます!

プログラミングスクール選びで悩まれている方がいれば、ぜひポテパンキャンプも候補として検討してみてください!

本気でRailsエンジニアになるなら!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!