少額資産運用の教科書

お金が少ない不安な主婦こそ少額資産運用!1万円からできるお金の増やし方

【目的別おすすめ資産運用サービス】
てんしちゃん
てんしちゃん
たまには少しだけ贅沢なランチが食べたい!
てんしちゃん
てんしちゃん
もう少しくらい良い化粧品を使いたい!

今回は”働く”以外に、家事・子育てに忙しい主婦でも1日10分程度の時間継続で気にお金を増やしていける方法を紹介します。

それは、月1万円からでもできる少額資産運用です。

ここで紹介する資産運用を取り入れることで、「たまにの外出ランチをもう少し贅沢に」できたり、普段使う化粧品ももう少し良いものに」変えることもできるようになります。

食品や日用品の値上げで家計が苦しくなっていく一方で、使えるお金はなかなか変わらないという人も多いことでしょう。

働きたいと考える主婦の方も増えているようですが、家事や子育てをしながら働くというのは、時間的にも体力的にも簡単なことではありません。

しかし資産運用であれば労働よりも不安定・少額な利益になりますが、時間に縛られることなく、誰でも簡単に始めることができます。

今回は「投資初心者でも簡単に、かつ利益を現金化しやすい」資産運用法について紹介します。

”使えるお金”を増やすには節約で支出を減らすか、働いて収入を増やすか?

”使えるお金”を増やす方法は大きくわけると2つあります。

1つ目は”出ていくお金を減らす”

2つ目は”入ってくるお金を増やす”

つまり、

使えるお金を増やすには?
  1. 出ていくお金を減らす-日々の出費を見直し、無駄を徹底的に省く
  2. 入ってくるお金を増やす-自分が働くか、お金を働かせる

「節約する」と単に言うだけであれば簡単そうにも聞こえますが、ある程度の金額を節約するとなれば細かい部分にまで気を使ったり、節約できる金額以上にストレスを感じてしまうようなことも珍しくありません。

さらに徹底した節約で「今まで使えていたお金」まで減らすとなると、精神的な負担も大きくなり長続きさせることが難しくなります。

また”お金を増やす”にしても、働くという方法をとることも家事や子育てをしながらでは非常に難しいのが現状です。

つまり、節約で”出ていくお金を減らす”ことも働いて”入ってくるお金を増やす”ことも、決して簡単ではありません

そこで理想となるのは節約ではなく、労働でもない方法が必要になります。

生活にゆとりを持たせるなら”お金を増やす”が特に重要

”出ていくお金を減らす”、”入ってくるお金を増やす”という2つの方法を説明しましたが、結局のところ生活にゆとりを持たせるためには特に”入ってくるお金を増やす”ということが最も重要になります。

もちろん節約を通して本当に無駄な支出は削るのは大前提ではありますが、食費や夫婦のお小遣いを削ったりという方法では精神的なストレスが増加してしまい、日常生活でのゆとりはなくなってしまいます。

それではせっかく節約してもあまり意味はありません。

ほんとに良い節約法?
  • 今まで週に一度は外で食べていたランチを月に一度に
  • 夫のお小遣いを減らした
  • 電気代節約のために多少の暑さ・寒さではエアコンは使わない
  • 食費を減らし、食材のランクを少し落とした

ストレスが溜まったり人生の楽しいはずの時間まで削ってまで節約しても良いことはありません。

”節約はほどほど”にし、入ってくるお金を増やすことに力点を移しましょう。

理想は貯蓄に回していた分から資産運用のお金を拠出しつつ、無理なく節約できる範囲で浮いたお金も資産運用に回す状態です。

家事・子育てに忙しく働けない主婦でも資産運用ならお金を増やせる

”入ってくるお金を増やす”ことが重要とはいえ、家事や子育てに忙しくフルタイムで働けない主婦がお金を増やすことはなかなか容易ではありません。

そこで上手く活用したいのが「お金に働いてもらう」、いわゆる”資産運用”です。

資産運用はマイナスイメージ?
  • 「資産運用って結構な額の元手が必要なんじゃないの?」
  • 「投資とか難しいことは全然わからない」
  • 「何もわからない初心者がやるとただお金減るだけなんじゃないの?」

資産運用と聞いて嫌なイメージ、マイナスなイメージをもった方もいると思います。

”資産運用・投資が難しい”、”投資って怖い”というようなイメージを持っている方が思い浮かべるものはたいていの場合は”ギャンブル”的なものです。

そうしたギャンブル的なものは投機と呼ばれ、投資とは異なるものです。

投機は”非常に短期間”に何度も何度も取引を繰りかえしたり、「値上がりするはずだ!」と過信して特定の商品に”資産を集中して投じる”ことです。

一方で投資とは、「長期間」複数の分野や商品に「分散して投資」して運用利回りを得ることです。

投資の場合には初心者でもポイントさえ押さえておけば、利益を出すことは難しくありません。

さらに投機の場合には常にトレード対象の値動きを追い続ける必要がありますが、投資の場合には一度投資してしまえばあとは定期的なチェックだけで済むなど時間がない主婦の方でも取り組みやすいものになっています。

今は資産運用方法の多様化によって、”まとまったお金がない”という方でも始められる資産運用方法も複数提供されるようにもなっています。

家事・子育てに忙しい主婦でも10分あればできるおすすめの資産運用法

それでは、ここからは家事や子育てに忙しい主婦の方でも”低資金”から始められて、1日10分もあればできる資産運用方法について紹介します。

おすすめ資産運用法

     

  • ソーシャルレンディング投資
  •  ★投資後の値動きなく、満期まで放置するだけ。投資期間も数か月程度のものからと短いのもおすすめポイント

     

  • NISAで株式・投資信託購入
  •  ★運用益非課税になるNISA制度。優待目的の株式購入などで利用おすすめ

     

  • 外貨積立
  •  ★毎月一定額ずつドルやユーロ等を積み立てる。円安のタイミングで換金すれば海外ブランド品もお得に購入できる

ソーシャルレンディング投資ならリスク限定的でも高利回り

ソーシャルレンディングという言葉をあまり聞いたことない方も多いかと思いますが、近年世界的に増加してきた資産運用方法の1つです。

簡単に言えば、「インターネットを介して資金の借り手と貸し手を繋げる」サービスのことです。

  1. 最低投資金額1万円と低資金でも投資可能
  2. 投資期間は数か月~1年程度がほとんどで、比較的短期である程度の利回りを計算した運用ができる
  3. 利回り4~10%前後のものが多く高利回り
  4. リスクは投資金額のみで負債などのリスクはなし

ソーシャルレンディング投資の場合には最低1万円からの投資ができますし、投資先も非常に多様で分散投資するのにも非常に優れた運用方法だといえます。

さらにソーシャルレンディング投資における年換算利回りの平均は6%前後と非常に利回りの良い投資でもありますし、一度投資すると運用期間満了までは値動きに左右されることもないので最悪放置でも大丈夫な運用法です。

気になるリスクは「貸し倒れ」という投資先からの資金の回収が不可になって元本割れするリスクなどがあります。

しかし実績の確かな運営企業が提供するソーシャルレンディングサービスの場合には「過去数百件・数千件でも貸し倒れ発生なし」というところが多く、しっかりと分散して投資しておけば過度に心配しすぎる必要もないでしょう。

特におすすめするソーシャルレンディング業者は不動産分野に特化した『OwnersBook』と海外投資で高利回り運用もできる『クラウドクレジット』です。

『OwnersBook』は東証にも上場する総合不動産会社・ロードスターキャピタルが運営するサービスで、不動産会社として蓄積したノウハウを活かして投資案件を精査しておりこれまで投資上問題を起こしたことももちろんありません。
『クラウドクレジット』はややリスク高めの案件が多いものの、年利回り10%を超える案件も数多くあり、堅実めな商品の多いOwnersBookとの併用での利用にもおすすめのソーシャルレンディングとなっています。

不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

NISA枠使って税金なく堅実性ある運用を

ソーシャルレンディング投資よりも難易度があがるのが「NISA枠を活用した株式・投資信託での運用」です。

株式投資の場合には銘柄選定などが難しいところもありますが、ある程度の期間保有していると値上がりによる売却益以外でも配当金や株主優待(*企業ごとに異なる、自社サービス割引券やクオカードなどの株主向けサービス)を受けることができます。

\\*ネット証券最大手SBI証券*//
口座開設は(無料)こちらから

「投資を信じて託す」と書き、プロが複数の銘柄を組み合わせて運用する商品に投資するものが投資信託です。
そのため投資信託を使えば知識の浅い人でもプロと同じように運用することができるようになっています。

株式や投資信託のメリットは、あらかじめ運用利回りがある程度確定しているソーシャルレンディング投資とは異なり”どの程度の利回りになるかが決まっていない”ことです。

これはもちろん値下がりする可能性もあるというデメリットも含みます。

しかし高くても10%前後の利回りのソーシャルレンディング投資に対して、株式投資や投資信託の場合には数十%の利回りを得られることもあるなど大きめの利益を狙うこともできます。

あまりリスクを取りすぎる投資は厳禁ですが、結果としてそのくらいの利回りが得られる場合もあります。

株式投資の場合は①値上がり益、②配当金、③株主優待と1度に3種類の利益を狙える点でも良い投資法ともいえます。

また非常に大事なのは「NISA」という”年間120万円を上限に5年間は売却益・配当金・分配金などが非課税”になる制度を活用することです。

株式投資や投資信託の場合、値上がり益や配当金に対して税金として約20%が差し引かれるようになっています。

しかし「NISA枠」を使って投資していた分に関しては売却益にも配当金も非課税となるので、投資した分の利益がそのまま残ることになります。

毎年120万円以下で株式投資や投資信託での投資をする場合には必ず利用しましょう。

\\*ネット最大手SBI証券でiDeCoを始めよう*//
≪お申込はこちら≫

外貨積立は利益確定のタイミングだけ注意

最後に紹介するのは、ドルやユーロなど外貨を対象とした積立投資です。

外貨積立投資で利益を狙う方法は2つです。

  1. 為替変動で平均建単価よりも有利になった価格で決済する
  2. 金利差で得られるスワップポイントによる利益を狙う

外貨積立がソーシャルレンディング投資や株式投資・投資信託などと異なる点は、「一定期間ごとに一定金額分ポジションをとる」積立投資形式である点です。

例えば「毎月1日に5,000円分のドルを購入する」といった場合です。

この積立形式の投資法のメリットは、「投資期間内における価格の平均値に近いところのポジションをとることができる」という点です。

毎月一定額での積立になるので、「価格が上がれば購入できる数は減り、価格が下がれば購入できる数は増える」ことになり、結果として平均購入単価は投資期間の平均値に近い価格に収束していくことになります。

そのため投資期間が長いほど、または購入頻度が短いほど平均購入単価が現在の価格からは大きく離れにくい仕組みになっています。

利益を狙う方法の1つ目に挙げた「有利になった価格で決済する」は、この平均購入単価よりも一時的に価格がより利益の出る方向に動いたときに決済する方法です。

一見決済するタイミングが難しそうに感じるかもしれませんが、実際はそう難しいものではありません。

外貨積立の場合、基本的には「円高」になると運用益が損失のほうに動きますが、これはいわゆる円の価値が高まる状態です。

円高になれば日常生活では輸入品の購入などでは既に手持ちの円での支払いが有利になるため、あえてそのタイミングで外貨を円にするメリットはありません。

一方で「円安」では円の価値が下がることで日常生活においても輸入品の値上がりなどで家計などへ影響を及ぼしますが、外貨積立で外貨から円に換えるような場合にも運用益が出た状態で決済できるようになります。

外貨積立の場合にはこうした円安で円の価値が低下したタイミングでの円への決済が理想です。

外貨積立とうまく付き合えるようになれば、特にバッグや化粧品などで海外ブランドのものを使っているという方は実質的に値上げの効果も打ち消すことができるなど特に大きなメリットを受けることができるようになります。

2つ目に挙げたスワップポイントとは「2国間の金利差による利息」にあたるもので、金利差を活かして保有しているだけで利息を貰えるというものです。

例えばA国の金利が1%でB国の金利が3%の場合、「A国の通貨を売ってB国の通貨を買えば」その差である年利2%分の利息を受け取れます。

実際にはこの差額分を日割りで貰えます。

何もせずにポジションを持っておくだけで利益が出る美味しい仕組みではありますが、実際の値動きによる損益のほうが大きくなる可能性が高いのでなかなか簡単にはいかない方法でもあります。

しかし、外貨積立の場合には先ほども説明したように「投資期間内の平均値に近い価格の平均購入価格になる」という点を活かせばスワップポイントでも十分に利益を狙える、利益の上乗せが狙えるものだといえます。

外国為替の場合には年間を通しての値動きがやや大きめなこともありやや難易度自体は高いかもしれませんが、このスワップポイントと値上がり益の組み合わせで高い利回りも狙うことが可能です。

外貨積立自体は毎月100円からでも可能なので、ソーシャルレンディング投資やNISA制度を活かした投資と組み合わせるような形で利用するのがおすすめです。

また、SBI FXトレードの外貨積立FXを利用する場合には最大3倍までレバレッジを効かせた積立もできるので、他の投資法と組み合わせたいという方には特におすすめです。

SBI FXトレード 積立FX

まとめ|”主婦でもお金を増やす”なら”お金に働いてもらう”のは必須

これまでは資産運用するといっても多額の元手が必要であったりという難しさから、「お金を増やすには働くしかない」という考え方が一般的でした。

しかし近年になってソーシャルレンディング投資という新たな資産運用方法が台頭してきたり、政府が資産運用を後押しするという政策で「NISA」制度が誕生するなど資産運用が非常に身近な存在へと変わってきました。

今では元手が数万円でも資産運用が可能で、学生でも、主婦でも気軽に始めることができます。

家事や子育てで時間が取れない、体力的に働くことは難しいという人でも1日に10分あれば十分に資産運用が可能になり、お金を増やすことができます。

”スキマ時間でもできるお金の増やし方”であるからこそ、主婦の方には是非資産運用にチャレンジしてみてほしいです。

「洗濯が終わるまでのあと10分」

「お昼ご飯を食べた後の10分」

「家事が一通り終わった後の10分」

今まではお金を生まなかった時間でお金を増やすことができるようになります。

始めたばかりでは利益も微々たるものかもしれませんが、長く続けていけば利益はどんどん積み重なっていきます。

毎月1度家族でちょっと良いところへ外食へ行ったり、家族旅行の旅先をちょっと豪華にしてみたり、普段使っている化粧品をもう一ランク良いものに変えたり。

着実な資産運用をしていけば、必ず成果は現れます。

すぐには目に見える大きな変化が得られるほどの利益はでないかもしれません。

だからこそ、1日でも早く始めることが重要です。

1日100円の利益なら、1年365日で36,500円。

来年、再来年と始めるのが遅れれば遅れるほど得られたはずの利益も逃していきます。
1日でも早く資産運用にチャレンジして、1日分でも多く利益を積み重ねていけるように1日10分の努力を積み重ねていきましょう。

ソーシャルレンディングに関するおすすめ書籍

error: Content is protected !!