ディズニーリゾート攻略

ホテルミラコスタ予約のコツ徹底解説| キャンセル拾いと4つのコツで希望の部屋を確保する予約法

ミラコスタの予約はキャンセル拾いで確保しろ!

【目的別おすすめ資産運用サービス】

日本一の知名度・集客力を誇る東京ディズニーリゾートの中でも一番人気の東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ。

ディズニーファンの中でもそのホテルの予約獲得の困難さは非常に有名で、人気の高い区画であるポルト・パラディーゾ・サイドに宿泊しようとすれば相当の覚悟と忍耐力が必要になります。

この記事ではそうしたことを理解したうえで、それでもミラコスタに泊りたいという方のためにホテルミラコスタの予約を確保するための方法と4つのコツについて解説します。

ディズニーホテルで1番人気・ホテルミラコスタ

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタディズニーリゾートでは”ディズニーホテル”というディズニーリゾートのためのホテルが4つ営業しています。

ディズニーランド・ディズニーシーまで無料シャトルで20分のところにありバリュータイプに分類される東京ディズニーセレブレーションホテルと、ディズニーの各パークに隣接する位置にありデラックスタイプに分類される東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテルの4つです。

この4つの中でも人気の高いのが東京ディズニーランドの真正面に位置する東京ディズニーランドホテル、そして最も人気なのが東京ディズニーシーの中にあるパーク一体型のホテルミラコスタになります。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにいたっては年間を通した稼働率が90%以上とも言われており、日本でも随一の人気を誇るホテルで予約を取る困難さや争奪戦模様は人気アイドルのコンサートにも引けをとらないほどです。

ホテルミラコスタは日本一予約困難な超人気ホテル

ホテルミラコスタはディズニーシーの園内に位置しており、ポルト・パラディーゾ・サイドという区画の部屋であればハーバーやショーが行われるミッキー広場を望めるようになっています。

ホテルミラコスタではポルト・パラディーゾ・サイド以外にも運河の街「パラッツォ・カナル」側に位置するヴェネツィア・サイド、ホテルエントランス側に位置するトスカーナ・サイドという区画がありますが、これらの区画を含めても非常に高い稼働率を維持しています。

どの区画の部屋でも人気が高いのですが、特にポルト・パラディーゾ・サイドの人気は凄まじく、スイートを除いて「予約開始と同時に高い部屋から一瞬で埋まっていく」という状況です。

ホテルミラコスタの予約はキャンセル拾い(キャンセル待ち)で狙う

それだけ人気の高いホテルミラコスタの予約を取ること、特に人気の高いポルト・パラディーゾ・サイドの部屋の予約を取るには相応の覚悟と忍耐力が必要になります。

まず覚えておかなければいけないのは、「予約開始と同時の部屋確保は99%無理」ということです。

ディズニーホテルでは、ホテル単体での予約開始は対象日の5か月前からネットで予約ができるようになるのですが、バケーションパッケージというファストパス付でディズニーリゾートに宿泊してパークを楽しむプランでは対象日の6か月前と1か月は早く予約が開始されます。

対象日の6か月前の午前11時から予約受付が始まりますが、この11時にアクセスが集中して予約する以前に予約用公式サイトへアクセスすること自体非常に困難な状況です。

稼働率90%以上で人気が高く予約を取るのが困難だと知られていることもあり、「たまたま見てたら部屋が空いていたから、その日に行けるかわからないけどとりあえず予約しておく」というような”とりあえず予約組”も相当数おり、さらに予約の確保が困難になるという循環になっています。

そこでホテルミラコスタの予約を取るには、「キャンセル拾い」で希望する日付・部屋を狙うのが基本になっています。

「キャンセル拾い」とは
ホテルミラコスタでは「キャンセル待ち」という仕組みを採用しておらず、誰かがキャンセルした場合にはそのまま再度予約システムから申し込むことができるようになっています。
「キャンセル拾い」とはつまり、このキャンセルされたことによって復活した宿泊枠を拾うという意味。

このキャンセルの反映は常時行われており、特定の時間に反映されるものではありません。

そのため「キャンセル拾い」では根気よくサイトを確認し続ける忍耐力が非常に重要になるのです。

ミラコスタでキャンセル拾いをする4つのコツ

  1. ひたすら根気強く予約状況を確認し続ける忍耐強さ
  2. 深夜1時前後にキャンセルが多い(体験談)
  3. クレジットカードの締め日が多い月末もキャンセルが多くなりやすい
  4. キャンセル料金が発生する前1週間くらいからキャンセルが多くなる

ミラコスタの予約可否は根気強さで決まる

ホテルミラコスタの人気の客室の予約を取るには「キャンセル拾い」という方法になりますが、これは非常に根気のいる作業です。

何せ日本一の集客力を誇るテーマパークで断然一番人気のホテルで、断然一番人気の区画の予約争奪戦となればキャンセルが出てもわずか数秒~数分で埋まってしまいます

何度確認のためにアクセスしようとも、タイミングよくアクセスしていなければ予約を取ることは不可能です。

特に希望の日付があればなおさら困難で、もし一日に何度もアクセスするような生活を何日、何週間と続けられないのであれば、まずは日程ではなくホテルを確保できる日から日程を逆算して決めるのがおすすめです。

キャンセル拾いに最適なタイミングは深夜?

これまで私自身何度もホテルミラコスタのキャンセル拾いにチャレンジしてきましたが、その中で感じた傾向があります。

それが、「ホテルミラコスタのキャンセル拾いは深夜1時前後が取れやすい」ということです。

具体的な件数などの数値こそありませんが、何度も予約のためにアクセスを繰り返す中でこの時間帯に予約枠が空いていることが多いように感じました。

この理由をいくつか考えてみました。

それが以下の2点です。

深夜1時前後に予約がとりやすい理由?
  1. 就寝前にキャンセルする人が多い
  2. ディズニーの予約サイトは平日の日中でもアクセスできないことが多く、比較的アクセスしやすい深夜にキャンセル手続きをする人が多い
  3. 心理学上ネガティブな精神状態になりやすいこの時間帯にキャンセルを決断する人が多い

確証自体はありませんが、こうした理由などからキャンセル拾いがしやすいのではないでしょうか。(あくまで体験談&未検証です)

私が実際に予約をする場合には朝起きた時から日中の隙間時間、お風呂や寝る前などほんとうに1日に何度もアクセスします。

しかしそこまでの根気や熱意、暇もあまりないという方は、この「日付をまたいだ後1時間程度のタイミングで確認する」ということをおすすめします。

クレジットカードの締め日が多い月末もキャンセル拾いがしやすい

ホテルミラコスタの予約をとろうと考えている方は、例え5か月6か月先の日程でも簡単に予約を抑えてしまいます。

熱意がある方や誕生日や記念日などで特定の日付にこだわりがある場合には特に「理想の日付、部屋をとるためにとりあえず良い部屋は押さえておく」という方も少なくありません。

また「予算はここの部屋までだけど、せっかく取れた良い部屋にするか悩んでいる」というような“予算と希望の間で揺れている方”も相当数いて、1度に3つの部屋をキープしている状態ということも珍しくありません

こうした方のキャンセルが出やすいタイミングが、クレジットカードの締め日が多い月末です。

ホテルミラコスタの部屋のほとんどは、バケーションパッケージという6か月前から予約できるファストパスなどが付いたプランに割り当てられています。

このバケーションパッケージは1人あたり10万円前後するのはザラです。

そのため「自分が責任者で、予約が取れた部屋の中でどの客室タイプにするかなどで悩んでいる」場合などでは複数の部屋を押さえた状態でクレジットカードの締め日を迎えてしまうと、キャンセルによる返金されるとわかっていても一時的に数十万円の料金が請求されることになります。

そこでこうした複数の部屋を押さえている人のキャンセルが出やすい月末も狙い目のタイミングとなっています。

キャンセル料金が発生する前1週間くらいからキャンセルが多くなる

もっともキャンセルが出やすく、キャンセル拾いが成功しやすいタイミングが対象日前1か月からのタイミングです。

バケーションパッケージでは旅行開始日の前日から起算して20日前からキャンセル料が発生する仕組みとなっています。

つまりこのタイミングまでに都合がつかない方はここまでにキャンセルする可能性が非常に高くなっています。

ホテルミラコスタの場合には部屋の多くがバケーションパッケージに組み込まれているということもあり、ホテル単体の予約(ホテル宿泊のみの場合には14日前からキャンセル料発生)よりもこのタイミングでのキャンセルが多い傾向にあります。

特にこのタイミングまで予約枠を確保している方であれば、キャンセル料発生タイミングのギリギリまでキャンセル手続きをしないことも少なくありません。

そのため特に対象日のキャンセル料発生日直前は最も狙いやすいタイミングとなっています。

ミラコスタ予約初心者必見!ホテルミラコスタで希望の客室に宿泊するためのプランの建て方

ここまではホテルミラコスタの人気客室をキャンセル拾いで取るためのコツについて解説しましたが、ここからは私が実際にミラコスタを利用する際の動き方について解説していきます。

ミラコスタ予約初心者の方は是非参考にしてみてください。

  1. 希望の部屋があるなら日程は特定し過ぎず、月単位で決めておく
  2. 部屋の種類にかかわらず予約はキャンセル拾いでまず確保
  3. とりあえず予約確保したらこまめな確認で希望の部屋を継続してチェック

2つ目以降はここまで解説してきたポイント通りでもありますが、最も重要なポイントともいえるのが1つ目の「日付を特定しすぎないこと」です。

例えばハロウィンイベントなど特に人気の高い期間限定のイベントでは、特定の日付、特に週末では希望の部屋を確保するのは相当ハードルの高いミッションです。

私が実際にハロウィンのタイミングでホテルミラコスタの人気クラスであるスペチアーレ・ルーム&スイートのポルト・パラディーゾ・サイド・スーペリアルーム(ハーバービュー)の予約を確保したときには、「9月のハロウィンイベント開始日から終了までの10月という約1か月半の期間内のどこかで取る」ということだけを決めたうえで、日々キャンセル拾いをしていました。

ハロウィンイベント期間中は特に3連休になるタイミングも多く、週末の客室を確保するのは非常に根気のいる作業ではありましたが、9月末→10月末→10月半ばというように予約を何度も取り直して結局上記のスペチアーレ・ルーム&スイート-ポルト・パラディーゾ・サイド-スーペリアルーム(ハーバービュー)を確保することに成功しました。

記念日のお祝い目的の予約だとしても、ホテルミラコスタであれば泊まれる時点で大半の恋人・家族は問題なく喜んでくれること間違いありません!

日程にこだわりすぎるよりもしっかりと宿泊する部屋にこだわって、根気強く予約確保のために頑張っていきましょう!

まとめ|ホテルミラコスタの予約は高難度。ただしそれだけの価値はある

正直、熱意のない人にとってミラコスタの予約を取るのは相当に難度の高いミッションです。

毎日毎日、何度もサイトを確認してもまず空きがないことが大前提です。

しかしディズニーシーの中に位置し、ハーバーやプロメテウス火山を部屋から望む景観をみれば、ディズニーファン以外もその苦労のかいがあったと感じるでしょう!

是非一度、多少の無理をしてでもホテルミラコスタでディズニー漬けの1日を過ごしてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!