キングソフトとは?マイクロソフトオフィスにも対応可能なお財布に優しい中華版オフィスソフト

雑記

「PC買うときについてるキングソフトって何ーーー!!!」

ってことで今回はキングソフトについて調べてみましたー!

今のところ私の持ってるイメージとしては完全に”マイクロソフトオフィスをパクった廉価ソフト”ですね(笑)

キングソフトってなに?

”キングソフトオフィス(Kinfsoft Office)”はキングソフト株式会社が提供するオフィスソフトで、2016年に日本市場でもグローバルブランドとして展開する”WPS Office”へとリブランドされました。

マイクロソフトオフィスよりも安価で、低価格帯のPCに付属するソフトとしてよく見かけることがあると思います。

 Microsoft Officeにそっくりなユーザインタフェースと操作性、Microsoft Officeとの高いファイル互換性が特徴。保存ファイル形式は2012まではMicrosoft Office 2003までの形式と同一のものを採用し、2013からはWriterとSpreadSheetsに限ってMicrosoft Office 2007以降の形式にも対応した(他に独自形式での保存も可)。2012及びPresentationであっても読込にかぎってはMicrosoft Office 2007以降の形式にも対応する。2016からは読込・保存ともにMicrosoft Office 2007以降の形式に完全対応した。

Microsoft Officeの廉価な完全コピー版(パロディ品)ではなく、使用頻度が少ないと考えられた機能は省略され、一方、タブ式のファイル表示や「段落書式のアシスタント」機能など、オリジナル要素が付加されている。

2008年からのパソコンの低価格化を追い風に、安価なオフィススイートとしてBTOパソコンの選択肢に組み込まれることが増えている。また、低価格を武器としてインターネットカフェや教育機関でのシェア拡大も狙っている。

Kingsoft Office-Wikipediaより

低価格を売りにしているだけあって、マイクロソフトオフィスと比較するとびっくりするほど低価格です(笑)

超低価格で基本パッケージソフト提供

低価格を武器にしているだけあって、めちゃめちゃ安いです。

マイクロソフトオフィスの場合、Excelだけで13,000円程度するんですが、

キングソフトの場合にはWordやExecelのような機能の付いたStandard EditionでもAmazonでは6,000円を切る価格帯で提供してます。

機能自体もマイクロソフトオフィスとの高い互換性を売りにするだけでなく、ユーザインタフェース自体もマイクロソフトオフィスに似せるなど寄せに寄せてシェアを奪いにかかっています。

同製品の商品説明にも「Microsoft Office 2003および2010に近い操作性により、Microsoft Office使用経験がある方でも違和感の無い使用感を実現。」と記載されるなど寄せに寄せてることを売りにしてます(笑)

寄せに寄せてシェア拡大を図っている同製品ですが、今のところマイクロソフトからの訴訟提起もなく、マイクロソフトのWindows 8/7/Vistaの公式認定ロゴ(Windows 8 Compatible/Compatible with Windows 7/Windows Vista Capable)を取得しています。

 

で、キングソフトは実際使えるオフィスソフトなの?

結論をいえば、使えます。

中華系企業の製品として不安点のひとつとしてあげられるのが「低価格・低品質」です。

しかしキングソフトはオフィスソフトとして長い歴史もある製品ですし、マイクロソフトオフィスに寄せまくっていることもあって操作性でも機能面でも個人の利用においては

大きくマイナスになる要素はほぼないといえます。

日本人の商品選びの特徴として、「機能はあまり変わらなくても、あまり知らないメーカーの低価格品より著名メーカーの高価格品を選ぶ」という点があると思います。

今の家電やスマホ、パソコンなどの購入の際にも「中華系家電メーカー等の製品ではなく日本メーカーの製品をあまり比較もせず購入する」という人も多いのではないですか?

やはりオフィスソフトを購入するときも、やはり無意識にマイクロソフトオフィスに意識が偏っている人が多いのではないですか?

意識としてはやはり使い慣れた、著名なマイクロソフトオフィスを購入したいと考える人が多いかもしれません。

ただ、マイクロソフトオフィスは非常に高い…

私もパソコンを購入しなおすにあたりマイクロソフトオフィスを購入しようとしたんですが、Excelだけで1万円超えるソフトには手がでないですよ(;´・ω・)

しかし個人で利用する上では「マイクロソフトオフィスにしたい!」という意識さえ排除できれば、キングソフトで十分すぎるほどの機能で、びっくりするほどの値段です。

マイクロソフトオフィスのパッケージと比較すると1/4~1/5くらいの値段で購入できます。

「マイクロソフトオフィスさん、値段下げないとそのうち食われるんじゃない?」ってくらい魅力的です。

”高機能・低価格”で教育機関で採用され始め、今の子ども世代の多くが「キングソフトを使って育った世代」になれば本格的に危ないと思います(;”∀”)

ということでマイクロソフトさん、オフィスの大幅値下げお願いします(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました