仮想通貨の教科書

仮想通貨の管理はハードウェアウォレットがおすすめ|取引所に放置せずリスクを減らす

【目的別おすすめ資産運用サービス】

国内最大級の仮想通貨取引所の1つ、coincheck(コインチェック)がハッキングにより保有するNEXのほぼ全てを流出させるという事態が発生しました。

被害は580億円とも言われ、仮想通貨史上最大規模の流出事件となりました。


コインチェックの責任重大。ただし個人の責任も0ではない

今回はコインチェックのセキュリティに大きな問題があり事件に至りましたが、取引所に仮想通貨を預けたままにしておいた顧客も責任が0というわけではありません。

仮想通貨は信託保全がなされていないもので、その性質上一度流出したものはほぼ取り返すことは不可能です。

以前から仮想通貨ではハッキング被害による資産流出の話はたびたび話題に上っており、取引所で全ての資産を保有する危険性も有名ブロガーをはじめとして注意喚起されてきました。

それでも少しの手間を面倒くさがった人が今回の被害者には少なくないようです。

中には有名な芸人も被害に合っているようですね。

大事な資産は自分で守るという意識が仮想通貨には必要不可欠.ハードウェアウォレットで自己管理も

今回もし被害に合わず、また他の取引所でも仮想通貨を分散して保有していたというような人は、この機会にハッキングなどから資産を守れるハードウェアウォレットを利用することをおすすめします。

完全にネット環境から遮断される環境に資産を置くことで、多少の手間と感じるかもしれませんが、確実な資産の保全が可能になります。

現時点ではほとんどの取引所がセキュリティには細心の注意を払っていると思いますが、取引所の破産や個人へのハッキングからの仮想通貨流出という事態は十分想定されます。

大事な自己資産であるならば、管理を他者に丸投げし何かあったら責任を追求するだけでなく、これから先も仮想通貨投資をしていこうと考えている人であれば、自分でも確実に資産を守れる環境を構築しましょう。

error: Content is protected !!