少額資産運用の教科書

インフレで預金は目減り危機!積立投資で将来に備える資産運用

【目的別おすすめ資産運用サービス】

「年金は将来ちゃんと貰えるかすらわからない」

「老後の資金3,000万円必要って聞いたけど貯められる自信がない」

将来的な資産に関する不安を煽るような話題が多く、こうした不安を抱えていませんか?

また資産運用の必要性は薄々感じていながらも、「資産運用でお金が減るんじゃないか?」「借金抱えたりするんじゃないか?」という不安に押され、1日でも早く始めるべき資産運用に踏み出せないでいませんか?

資産運用に不安を抱く人の多くがイメージしているのは、正しい資産運用方法ではありません。
それは一部のギャンブル的思考を持った人がする、まさにギャンブルそのものです。

ここではそうした資産運用に不安を抱えていたり興味はあるが始め方がわからないという人に向けて、「資産運用のストレスをできる限り少なく」運用できる方法について紹介します。

私自身は株式投資やFXなどで毎日取引をしていますが、ここでは「10万円以内の資金でも始められる」「一度投資すれば後は定期的な確認だけで放置状態でも大丈夫」な方法のみをとりあげています。

当記事をおすすめする人

1.投資・資産運用に興味があるが、何をしていいかわからない人

2.投資を始めたばかりの人

3.投資する必要性がわからないという人

4.株式投資・仮想通貨投資から視野を広げて投資をしたい人

資産運用が必須な理由:銀行に眠らせるだけではお金は減る一方

「資産運用はよくわからないし、銀行口座に貯めておけば減る心配もないし安心でしょ?」

そう思っている方は要注意です。

「2%の物価安定の目標」

この言葉を知っていますか?
これは日本銀行が定める金融政策の目標です。
どういうことかというと、「日本の物価を安定的に前年比で2%ずつあがるようにしていこう」ということです。

日本銀行法では、日本銀行の金融政策の理念を「物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること」としています。

物価の安定が大切なのは、それがあらゆる経済活動や国民経済の基盤となるからです。

市場経済においては、個人や企業はモノやサービスの価格を手がかりにして、消費や投資を行うかどうかを決めています。物価が大きく変動すると、個々の価格をシグナルとして個人や企業が判断を行うことが難しくなり、効率的な資源配分が行われなくなります。また、物価の変動は所得配分にゆがみをもたらします。

こうした点を踏まえ、日本銀行は、2013年1月に、「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現するという約束をしています。
引用-日本銀行HPより

これまでは銀行口座に預けていると預けている金額に対して金利分のお金がもらえていましたが、ついにその利率は年0.00%という銀行が出てきました。

ATMを利用するための手数料すら回収ができません。

国内メガバンクの預金利回りがついに「0.00%」となった。マイナス金利導入から1年が経過し貸出利回りの低迷が続く中、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は4ー12月(第3四半期)決算で初めて預金利回りをゼロ%と開示した。
>>三菱UFJとみずほ銀、ついに預金利回「0.00%」-マイナス金利1年

そして「2%の物価安定目標」です。
銀行にお金を入れていても年間0.001%しか増えないにもかかわらず、物価は年間で約2%ずつ上昇していきます。

それはどういうことか?

銀行にお金を入れておくだけでは資産がどんどん目減りしていくということです。

かつては郵便貯金でも口座にお金を入れておけば年間10%近い金利がついていた時代もありました。

そういう場合には口座に入れておくだけでも良いですが、今では物価上昇には遠く及ばない程度の金利しかもらえません。

これから先も資産運用せずに銀行預金だけにしておけば、どんどん資産は目減りし将来に大きなダメージを受ける可能性が非常に高いです。

ただでさえ年金の不安がある中で、今では自分の預金すら安心できない時代になっているんです。

そこで重要になるのが「お金に働いてもらう」「お金にお金を稼いでもらう」ということです。

資産運用でお金に働いてもらうことが必須の時代に

将来の年金不安や老後資金の不安が日々大きくなる上に、銀行預金の金利がついに0.00%となりました。

ただ口座にお金を眠らせておくだけでは汗水流して働いたお金がドンドン価値を減らしていきます。

繰り返しになりますが、そこで重要になるのが資産運用で「お金に働いてもらうこと」なのです。

例えば、ミドルリスクミドルリターンの資産運用商品として最近広がり始めたソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の場合で考えてみます。

上場企業が運営する「OwnersBook」で利用して運用する場合では、年間換算4.6~14.5%の実績利回りがあります。

最近の案件では5%前後の利回りが多いですが、「満期9か月の商品に100万円投資」した場合には「103.8万円」になって返ってくるということです。

《投資における複利の力》
この103.8万円をそのまま年換算5%の商品に再投資すれば1年後には109万円になり、その1年後には114.4万円になり…と増やしていくことも可能です。

投資の場合にはこれをよく「複利の力」というのですが、投資によって出た利益をドンドン再投資に回すことで雪だるま式に資産を増やしていく方法です。

投資によって出た利益を使うのではなく再度投資に回し、効率の良い投資を行って着実に利益を積み重ねていきましょう。

ソーシャルレンディングの場合には投資商品の解約はできないので、投資後は満期まで放置しておくだけです。

100万円分投資して後は満期まで放置するだけ。それだけで東京都の最低賃金958円で計算すれば、実に52時間分、約5万円にもなります。

今の労働環境で52時間もさらに働くことは可能ですか?

現実的には難しいですよね?

しかし「お金に稼いでもらう」方法をとれば、自分が働かなくてもある程度は資産を増やすことも現実的に可能です。

OwnersBook」の場合には東証マザーズ上場の総合不動産会社が運営する不動産特化型ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)で、「総合不動産会社で蓄積したノウハウを活かして厳選した案件のみの取り扱い」で「サービス開始以来貸し倒れナシ」ということで信頼性も高いサービスになっているといえるでしょう。

もちろん、あくまでも投資である以上は損失が出るリスクをはらんでいることは認識しておきましょう。

投資の場合には、利益は適切なリスクの上に成り立つということを覚えておいてください。

「確実に儲かる」ということは絶対にありえませんし、ほぼ確実に詐欺だと認識してかまいません。

自己責任のもと、投資する商品をしっかりと選別して運用していくことが大切です。

しかし、ある程度のリスクも負わなければ利益を積み重ねていくこともできません。

しっかりとリスクを認識したうえで、お金に働いてもらう仕組み作りが非常に重要になっていきます。

資産運用はいつでも、いくらからでも始められる

資産運用は「最低○○○万円はないと厳しい!」というようなことはありません。

今現在預貯金がなくても始められます。

大事なのは1日でも早く資産運用を始めることです。

先ほども言いましたが、投資には「複利の力」があります。

長期間投資すればするほど利益を積み重ねることができるので、預貯金がない場合には預貯金と並行しながらも少額からでも資産運用を始めましょう。

まとまった資金はない場合でも、私がおすすめする「積立投資」という方法であれば最低100円からでも資産運用が可能ですし、証券会社によっては「現金が必要なく」資産運用を始めることさえ可能となっています。

様々な分野へのリスク分散効果を狙った分散投資をするうえではある程度まとまった資金があったほうが良いですが、大事なのはまず1日でも早く始めることです。

2018年1月からは政府が積立投資を後押しする形で「つみたてNISA」制度もスタートします。

1日でも早く投資を始めて、少しでも「複利の力」を活かして楽に資産形成ができるようにしていきましょう。

放置投資で堅実な運用をする

投資をすることが重要だということは理解しても、どうしても「投資は怖い」「投資は資産を減らす」というイメージが頭から抜けきれない人も多いかと思います。

そこでおすすめなのが私が提唱する「放置投資」という投資法です。

この投資法は、「一度投資したら基本的には年に数回程度しか投資状況を確認しない」というものです。

ソーシャルレンディングの場合には一度投資すれば満期まではどうしようもないので問題ありません。

しかし例えばNISAなどでの積立投資をする場合にはその時その時の株式市場の状況によっては大きく損失が出ている場合もあります。

それは投資状況を確認すればするほどそのような状況を目にする頻度は増えるわけで、運用状況が悪いとどうしても気になり日常生活にも支障を与えてくる場合もあります。

投資する中で一時的に株式市況の悪化で運用状況が悪くなるということはほぼ必ず誰もが経験することです。

大事なのは、そこで何度も口座を確認して恐怖し資産運用をやめてしまうのか、それとも一時的な運用状況は一切無視し資産運用を淡々と行っていけるか、そのどちらになるかです。

そこでやめてしまえば、資産運用で損して終わるだけでなく「資産運用は絶対しない」という思いまで抱えてしまい、その後の人生で苦しい道を選ぶことになるといっても過言ではないと思います。

資産運用に対する恐怖心を壊す一つの例を挙げてみましょう。

ダウ30種工業平均チャート米国の代表的な株価指数S&P500のチャート

このチャートは米国株式市場の代表的な株価指数の1つであるS&P500の株価チャートです。

2000年代に2度大きく値下がりしたいる部分がありますが、それでも結果的にはそこが「押し目」として今でも過去最高値を更新しています。

繰り返しになりますが、大事なのはこの大きく下がったところで恐怖に負けてやめてしまうか、それともその値下がりを無視して続けられるか、です。

大きく資産を増やす人の場合にはこの大きな値下がり局面で大きく買い増していきますが、そこまでする必要はありません。

淡々と資産運用を継続させるだけで十分です。

そこで効果的なのが「積立投資」をはじめとした堅実性の高い投資になるわけです。

「放置投資」には節税効果も狙える「確定拠出年金」や「つみたてNISA」、「おつり投資」、「相場を自分で見ずとも運用してくれる投資商品(例:ウェルスナビ)」、「ソーシャルレンディング」などの堅実性の高い投資がおすすめです。(それぞれについての説明は後述)

さらに単純にそれらの商品に投資するだけでなく、できるだけ投資資金などもシステム的に振り込めるようにして「振り込んでいることさえ忘れるほどの放置投資システム」を作り上げ、確実に継続して資産運用ができる環境を作っていくことをおすすめします。

節税効果抜群の確定拠出年金は必須

積立投資の代表格が「確定拠出年金」です。

確定拠出年金は原則60歳まで引き出すことができず老後資金のための運用方法です。

しかし確定拠出年金として拠出した掛金を全額所得控除扱いとすることができ、所得税・住民税の節税になります。

例えば30歳で年収400万円、毎月15,000円を掛金とする場合を見てみましょう。

確定拠出年金での税控除額を調べる

30歳から30年間、60歳まで積み立て続けた場合の合計掛金は540万円ですが、節税効果は合計108万円となります。

そのため運用成績が多少マイナスとなった場合であっても実に20%分は節税効果分だけで利益として得られるので、全ての人におすすめしたい運用方法です。

運用商品はパッシブ型(インデックス連動型)のものを選びましょう

パッシブ投資とは、特定の株価指数(インデックス)に連動することを目標として運用されるもののことです。

例えば日経平均株価に連動するものや、アメリカのダウ30種工業平均に連動するものです。

私がパッシブ投資の商品をおすすめする理由は5です。

パッシブ投資のメリット
  1. 指数連動を目指すため運用指図者による影響がない
  2. 手法の変動がほぼない
  3. 選んだ商品の運用資産の変動の影響を受けない
  4. 特定の株価指標に連動する手法のため信託報酬も非常に安い
  5. 経済成長の伸びの恩恵を受けられる

細かく説明すると長くなるので他ブログでの解説に譲りますが、長期投資で特に大切なのは「手法が不変で確立されたものであること」「手数料が安いこと」の2つです。

この2つを満たす商品で、成長性も最も高いと判断できる市場に連動するインデックス投資商品を選択して積み立てていきましょう。

ソーシャルレンディングなら年5%~10%で増やしつつ放置投資も可

クラウドクレジットで世界へ投資当サイトで紹介しているソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)も放置投資として特におすすめできる投資商品の1つです。

比較的最近になって増えてきた金融商品で、「投資型クラウドファンディング」とか「貸付型クラウドファンディング」とも呼ばれています。
海外案件に特化した【クラウドクレジット】や不動産投資に特化した【OwnersBook】など、特徴あるサービスも増えてきています。

ソーシャルレンディングの場合には1度投資してしまえば満期までは解約することができないので、相場を細かくチェックする必要もありません。

定期的に運用状況報告などもありますが、確認したところで解約ができるわけでもないのでむしろ満期の時まで運用状況報告も流し読み程度にし、放置状態でもOKです。

これならば投資について深い知識や相場状況を読む力がなくとも安定的に資産を増やしていけるので、メンタル的にも落ち着いて投資できるものだといえます。

つみたてNISAで複利効果を活かす

確定拠出年金のメリット

「確定拠出年金」が掛金全額が所得控除扱い+運用益は非課税となる分60歳まで引き出すことが不可能な長期投資方法である一方、「つみたてNISA」は運用益の非課税期間20年で年間投資枠も40万円と限りがあるが引き出しは自由な長期投資方法です。

そのため積立投資をしつつ、急にまとまったお金が必要となった場合には売却して出金することも可能です(*その場合には生じた利益に対して課税されます)。

「つみたてNISA」は先ほども説明した投資の複利効果を最大限生かせるように設計された制度で、扱われる商品も金融庁が定めた規定(手数料の安さ等)を守る限られたものだけなので「どれを選べばいいかわからない」という方でも選びやすくなっています。

何度も繰り返し言っていますが、投資は複利効果を活かす長期投資をするのが一番失敗する可能性も少なく、投資に関する知識がない人でも最も投資による利益を享受しやすい手法です。

もし迷っている場合にはまず100円からでも良いので始めてからあれこれ悩みましょう。

自動積立投資「ウェルスナビ」なら全てお任せで運用できる

ウェルスナビでほったらかし投資を始めよう

「相場を自分で見ずとも運用してくれる商品」の代表格が「ウェルスナビ」です。

これも積立投資を前提とした運用サービスで、20~30年スパンで自らのリスク許容度に応じた国際分散投資を全自動で行ってくれる金融商品です。

シミュレーションによれば、私に適した投資手法では30年後に投資元本1,180万円が70%の確率で1,936万円以上に、50%の確率で2,607万円以上、30%の確率で3,597万円以上になるそうです。

長期投資に関する考え方も非常に共感できますね。

長期運用とはどの程度の期間を考えればよいですか?

当面の生活費や急な病気などに備えた資金を手元に確保した上で、残った余裕資金を将来のために育てるというのが基本的な考え方です。
例えば40代の方であれば、退職して資金を使うときまでの10年や20年以上といった長期的視点での余裕資金の運用をお考えください。資産運用において有効と言われている手法のうち、特に専門的な知識やスキルを必要としない「長期運用」は個人投資家が最も活用すべき方法です。
WealthNaviでは、短期的な相場変動に一喜一憂しない、長期的視点での資産形成をお勧めしています。
引用-WealthNaviより

もちろんリーマンショックのような経済危機の場合には驚くほど急速に株価が下落する場合もありますが、積立投資の場合にはそのようなときでも驚いて全て売却してしまうのではなく、むしろ下落した分しっかりと買い増すくらいの気持ちを持っておくのがベストです。

もし短期間で急速な株価下落があった場合であっても、広く分散投資しているうえでの買い増しであればその「急落が絶好の買い場」となりがちだからです。

ウェルスナビ」等も活用して分散投資をしている場合には、できれば株式市場の急落時には自分で買い増しなどができるような環境・知識を持っておくのが理想ですね。



毎月定額の積立投資が難しいならおつり投資も

ここ数年で本当に様々な金融商品も登場しており、このおつり投資も新たな金融商品の1つです。

おつり投資は「クレジットカード払いした買い物のおつりデータを参考に、あらかじめ設定したおつり相当額を積み立てていく」金融商品です。

必要な情報を登録すれば、あとはそのまま通常通りクレジットカードを利用して買い物をするだけで積立投資していくことができるようになっています。

今回はおつり投資サービスの代表格のトラノコを例にしてみます。

おつり投資の流れ
  1. リスク許容度別にわかれた3つのファンドから運用ファンド選択
  2. トラノコや提携家計簿アプリに登録したクレジットカード等で買い物
  3. 100円/500円/1000円単位で設定した金額の端数がおつり投資分に記録される*1
  4. 「おつり」の合計が毎月1回登録した銀行口座から自動引き落とし*2
  5. 運用状況はアプリで確認。出金もいつでも可

積立投資はできれば毎月定額で長く続けることが理想なのですが、収入状況や家庭状況によってはなかなか思い通りにも積み立てていけないこともあると思います。

そういった方でも積立投資ができる1つの方法が、このおつり投資です。

毎月の積立額の上限も設定できるので無理ない範囲での積立が可能です。

ただあくまでも理想は「毎月一定額の長期間積み立て」なので、できる限りそういった積立投資ができるように収支の見直しをおすすめします。

番外編:現金不要で資産運用できる楽天証券

楽天スーパーポイントで投資を始める積立投資ではありませんが、現金不要で投資信託が購入できる新たなサービスも紹介しておきます。

楽天が楽天市場や楽天カードなど幅広いサービスを展開する中で育ててきた「楽天経済圏」がついに資産運用の分野にまで進出してきました。

もはや投資信託の購入に現金も不要となってしまったということです。

現在では国民年金の支払いすらもクレジットカードで決済できるようになっており、生活のほぼ全てで現金が不要といえるほどになっています。

そこで国民年金等支払いのほとんどをクレジットカード払いとし、買い物も楽天スーパーポイントが非常に貯まりやすい楽天市場を利用することで効率よく楽天スーパーポイントを貯めていきましょう。

その他にもふるさと納税やキャンペーン等を活用すれば、年間でみれば数千ポイントは貯めることができます。

一気にこれで資産形成とはいきませんが、今までは楽天が提供するサービス内でしか使うことができなかった楽天ポイントもこれで増やして現金化しての利用も可能となりました。

10万円あればよりアクティブな資産運用も可能

これまではソーシャルレンディングや積立投資など堅実な投資を紹介してきましたが、資産運用にもっと興味がある方はも10万円あれば自分自身で運用することも可能です。

株式投資に不動産投資、最近では仮想通貨も非常に注目を集めています。

ただし、自分で運用する場合には想像以上にプライベートな時間を割く必要もありますし、うまくいくまではある程度の期間と資金が必要になることは心に刻んでおいてください。

いきなり初心者の状態からうまくいくなんて甘いことを考えていれば、どんどん猛者が集う市場の餌となっていきますよ。

仮想通貨では「coincheck」や「bitFlyer」、「Zaif」が特に有名どころですね。

仮想通貨はまだ税金についてもグレーゾーン的なところもあり、課税額も株式投資やFXよりも多いですが、値幅も大きく魅力のあるものとなっています。

ただ、それは裏を返せばギャンブル性が高いということにもつながるので特に気を付けてください。

リスク対策として「分散投資」は忘れないこと

資産運用として株式投資やFXなどにも取り組んでいますが、基盤となるのは堅実性の高い分野への分散投資です。

例えばソーシャルレンディングでも1つのサービスだけで投資するのではなく、OwnersBook【クラウドクレジット】など複数サービスに分散して投資するのがリスク分散上は理想的です。

仮想通貨でもcoincheckbitFlyerZaif【GMOコイン】などでアカウントを開設し、いつでも資産をやりとりできるようにしておきましょう。

「自分が働く」だけでは不十分な時代に

これまではお金を稼ぐ手段としては「ひたすら働く」ことが圧倒的な主流となっていました。

しかし今では「いかに労働以外の手段を活用してお金を稼ぐか/集めていけるか」で大きく人生が変わってくるフェーズに入ってきています。

「お金に稼いでもらう」資産運用はもちろん、インターネットを介して不特定多数の人から資金調達する「クラウドファンディング」や個人の価値に焦点を当ててそれを株式のように売買できるサービスである「VALU」、個人の時間を売買できる「timebank」など、個人が何かをするうえでの資金調達方法や稼ぐ手段はドンドン増えてきています。

その中でも資産運用は「何も特別な能力はない」「何も特別なことをしていない」という方でも誰もが取り組むことができる「労働以外でお金を稼げる方法」です。

本業の労働以外でお金を稼ぐことができていけば、必ず本業のほうにも良い影響を与えるようになります。

私もこれからも様々な方法を活用して資産運用をしていきます。

皆さんも是非、1日でも早く資産運用に取り組み始めることをおすすめします。

よくある質問

ここではおまけ程度ですが、資産運用についてのよくある質問に回答しておきたいと思います。

Q:資産運用とギャンブルってどう違うの?

A:資産運用がギャンブルと異なる点は「長期的な視野を持って資産を着実に積み重ねていくもの」という点です。

ギャンブルは「偶然の成功を狙って金銭を賭けるもの」ということで、その意味あいはまったく異なります。

特に私が「放置投資」「分散投資」としてすすめる「確定拠出年金」や「ソーシャルレンディング」、「つみたてNISA」は「相場の短期的な上下動にも惑わされずに長期的な視野を持って資産を積み上げていく」もので、短いものでは一瞬で結果が見えるギャンブルとは正反対の性質を持ちます。

投資資金の5~10%程度であれば仮想通貨やFXなど多少ギャンブル性を持たせた商品への投機もありだと思いますが、それはあくまでもギャンブル性が高いだけであってギャンブルではありませんので、混同しないように注意してください。

Q:資産運用は結局何から始めたらいいの?

A:まずは節税効果も高い確定拠出年金に加入しましょう。
そのうえで余剰資金を作りソーシャルレンディングや「ウェルスナビ」など堅実な資産運用方法に取り組むのが良いと思います。

投資に慣れない段階から株式投資などで自分で運用していくとなかなか利益が出せずにドンドン相場に消費する労力が積みあがってしまい、仕事やプライベートにも悪影響を与えていく可能性が高いです。

そのため私はまずは分散投資でしっかりと資産を積み上げていく形を作っていくのがおすすめです。

Q:投資は必ず儲かるの?

A:必ず儲かる資産運用方法はありません。もしそんな話がもちかけられたら要注意です。それはほぼ確実に詐欺です。

資産運用は必ず儲かるわけではないからこそ、分散投資して1つの投資あたりのリスクを減らすことをおすすめします。

例えばウェルスナビなら初めから国際分散投資でリスク分散してくれますが、それ以外にもソーシャルレンディングや確定拠出年金/つみたてNISA等のように投資の種類も分散させることでさらにリスク分散が可能です。

投資対象にしろ、投資手法にしろ、1つに限定するのではなく広く分散させることを心がけましょう。

Q:どれくらい資産運用に回せばいいの?

A:資産運用には余剰資金しか回さないこと、そして年齢に合わせて運用額・運用方法を調整することが大事です。
若いうちで独身であれば預貯金の半分以上を資産運用に投じても問題ないでしょうが、ある程度の年齢になったり家族を持ったりするとそれだけお金が必要になる状況も増えていきます。

ある程度これから先に必要となる資金の計算をしつつ、目途としては300万円程度の預貯金が貯まるまでは資産運用よりも預貯金の比重を若干でも高めにするとバランスよくできるのではないでしょうか。

error: Content is protected !!