旅先情報

【旅初心者向け東南アジア旅行おすすめランキング】世界放浪経験者が薦める東南アジア旅行におすすめの国はココだ!

これまで訪れた東南アジアの中で個人的におすすめしたい場所を3つに厳選して紹介してみます!

どの国もそれぞれに魅力や新しい刺激があり、まだ回れていない全ての国をまわってみたいとチャンスを常に伺ってます。

これまで訪れた国は、フィリピン、ベトナム、ラオス、カンボジア、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイです。

カンボジア|暗い歴史含め見どころ盛りだくさんの国

カンボジアは1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発した内戦を経て、1993年に現在のカンボジアとして誕生しました。

極端な共産主義を掲げて政権を奪ったポルポトによる数百万人にのぼる大量虐殺等暗い歴史を持つ一方、大伽藍と美しい彫刻を特徴とするアンコールワット等の世界遺産を持つ観光地としても知られます。

期待を裏切らないアンコール遺跡群とそのお膝元シェムリアップは魅力抜群

「カンボジアといえばここ!」といっていいほど超有名なアンコール遺跡群。

あくまくん
あくまくん
期待値高く行ったにもかかわらず、その期待を上回るほどのすばらしさでした!
アンコールワット遺跡 アンコールワット遺跡群② アンコールワット遺跡群①

アンコール遺跡群でみた初日の出は一生忘れませんね!

ここに行く人は絶対朝陽は見るべきです!

てんしちゃん
てんしちゃん
眠い、だるいとかは我慢!
アンコールワット遺跡群④アンコールワット遺跡群③

有名なアンコールワットだけでなく、アンコール遺跡群を形成するその他の遺跡群も非常に魅力にあふれています。

細かなレンガのような石で巨大に作り上げられた遺跡など、心躍るような遺跡に暑さも忘れることでしょう!

あくまくん
あくまくん
私の場合は焼け焦げ寸前でしたけどね
シェムリアップ・カレー
あくまくん
あくまくん
飯もうまい。

安くてうまい。

首都プノンペンでは調味料の濃さに唯一お腹やられましたが、アンコール遺跡群のあるシェムリアップではそこまで味の濃さはなく、どれもとてもおいしかった!

ビールも安い!時間帯によっては0.5ドルの場所も!

あくまくん
あくまくん
まあビール安くても私は飲めないんですけどね

人類史上屈指の暗黒時代を経験した国

カンボジアほど凄惨な歴史を持つ国はそうそうない、というほど暗い歴史を持っています。

ポルポト政権時には教師や学者等の博識な人達を中心に、当時のカンボジアの人口比20-30%に当たる人が虐殺されました。

首都プノンペンとその周辺には大量虐殺の場となったキリング・フィールド拷問や虐殺が行われたトゥールスレン博物館等、当時の悲惨さを伝える場所がそのままに残されています。

私の場合にはそういったスポットに行くとほぼ100%の確率で何かしら憑いてしまうタイプで、プノンペンを訪れた時にはまだまだ旅の序盤だったということもあり、

こうしたスポットには行けませんでした。

あくまくん
あくまくん
今度行く機会があれば、しっかりと準備をしてから行ってみたいと思ってます

ベトナム|料理も人もGood!居心地よく、楽園

2位は圧倒的な交通量と経済成長著しいそのスピード感を体験できるベトナムです。

ホーチミンの成長著しい経済発展を感じつつ、ホイアンなど古き良き都市でのんびりと過ごすこともできる素晴らしい国です。

ホーチミン中心部を望むホーチミン中心部を望む

飯がどこでもうまい|パクチーの量は凄いが後のせ型で苦手な人も安心

飯がうまい!

安くてうまい!

飯のレベルは東南アジア屈指のうまさだと思います。

ベトナム・フォーベトナム定番のフォー
ダナンで食べた鶏料理

 

人が良い|優しい人多いし、美人も多い

飯がうまくて人も良い。

もちろん旅行者相手にしたぼったくりもいますが、基本的には良い人が多く、沈没者続出なのも頷けます。

飯がうまくて人が良い。

これだけで長期旅行者の沈没の原因になってしまいます(笑)

ベンタイン市場でみかけた美人さん
ホーチミンからメコン川へ行く道中メコン川へ行く道中。撮れ撮れアピールが凄かった

どの都市でも見どころ満載|北から南まで見どころ満載

ベトナムもベトナム戦争という暗い歴史を抱えた国で、最終決戦地となったホーチミンにはベトナム戦争の爪痕が残る場所も多くあります。

戦争証跡博物館戦争証跡博物館にある実際に使われた戦車

戦争証跡博物館には実際の戦闘で使用された戦車やヘリ、牢獄などがそのまま展示してあり、悲惨さを今に伝えています。

悲しい歴史もありますが、サイゴン大教会や中央郵便局等の歴史的建造物もあり、見ごたえたっぷりです。サイゴン大聖堂

ホーチミンから少し離れて脚を伸ばせば、東南アジア最大の河川・メコン川でのクルーズも楽しめます

メコン川inベトナム メコン川inベトナム②

ベトナム最大の都市ホーチミンだけでなく、首都ハノイや第3の都市ダナン、世界遺産にも登録されている古都ホイアン等、どの都市でも魅力にあふれた国です。

ホイアンの灯篭景色

ホイアンの景色ハノイ・ホアンキエム湖

ラオス|マイナーだが心地よさは抜群!必ず1度は行ってみるべき

第1位は日本人にはあまり知られていな国、ラオス。

世界一周者の中でも地理的に敬遠されることもある国ですが、その魅力はすさまじいです。

あくまくん
あくまくん
沈没しかけました (笑)
クアンシーの滝 ルアンパバーン朝市のある通り

ラオスは主にタイからの輸入に頼っている部分が多いため、物価もイメージしているよりは高めです。

しかしラオスで人気の都市・ルアンパバーンは欧州では「行きたい都市No.1」に選ばれるなど非常に人気も高く、とても良い街です。ラオス・ルアンパバーンの街①私の場合、ルアンパバーン初日にはあまりの何もなさに「ああ、1日でも早くここを出たい」と思うほど寺院とメコン川以外になにもない街で、

あくまくん
あくまくん
「なぜこんな街が人気なの?」と疑問でなりませんでした。

ですが結局1週間の5日間だった滞在予定を10日間に伸ばすほどルアンパバーンに魅了されました。

プーシーの丘麓ルアンパバーンで有名なプーシーの丘に続く階段

最大の魅力は「何もないこと」

確かにいくつかルアンパバーン近郊には観光名所的なところも存在します。

しかしルアンパバーンの最大の魅力は「何もないこと」

毎日決まった場所でシェイクを買い、決まった時間まで本を読んだり今後のことについて思いを巡らしたり。

落ち着いた雰囲気の中で邪魔されずにゆっくりと自分だけの時間をとって向き合うことができるのは非常に貴重な時間でした。

日本だと絶対に味わえない感覚だと思います。ラオス・ルアンパバーンの街②この犬、毎日ここで寝てました(笑)

 

犬もやることがないくらい何もない街ですが、そんな場所の人が悪いわけはなく、ホステルのお兄さんも屋台のお姉さんもみんな毎日笑顔でこちらもついつい笑顔になってしまいました。

本当に何もない街ですが、また行きたいと心から思います。

結婚したら嫁連れて必ず行きます。

ラオスの首都ヴィエンチャンはおまけです(笑)ルアンパバーン名物ナイトマーケット

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!