仮想通貨の教科書

DMMビットコインの評判・特徴・口座開設方法は?|DMMを使うメリットとデメリットまでしっかり解説

【目的別おすすめ資産運用サービス】

仮想通貨業界は、2018年初めに起こったNEM流出事件を発端に急激な冷え込みをみせました。

2017年で急激に上昇していた仮想通貨は一気に半額以下まで値下がりし、市場参入者数も大幅に減少しています。

そうしたこともあり、新たに仮想通貨に参入したいと考えている方や2017年のように大きな値動きで利益得たいと考えている方にとって、ビットコイン自体やビットコインFXの魅力が下がってきたように感じるかもしれません。

そんな方におすすめするのが2018年1月からサービスを開始した『DMMビットコイン』です。

DMMグループはFX業界最大手の事業者であり、取引システムも成熟しておりレバレッジを利用した取引では非常におすすめの取引所です。
今回はそんなDMMビットコインのメリットやデメリット、評判などを解説します。

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin



DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは


DMMビットコインはその名前からもわかるように、DMMグループが提供する仮想通貨取引所です。

DMMはFX最大手の『DMM FX』や『外為ジャパンFX』を運営しています。
FX最大手ということでレバレッジ取引でのノウハウも豊富で、取引ツールの充実度では他に抜きん出た存在まで成長するでしょう。

また取引所としての破産なども考えにくく、利用する上では信頼性の高い部類の取引所です。

ただし、『GMOコイン』のように大手証券会社が運営する取引所でも制度の改悪などがあったことから、利用に際して注意が必要なことは覚えておきましょう。

DMMビットコインのメリット

世界最大規模のFXサービスを提供するDMMの仮想通貨取引所は、誰もが利用すべきといえるメリットを備えた取引所となっています。

ここからはそんな『DMMビットコイン』のメリットについて解説します。

DMM FXなどで培ったノウハウが豊富


DMMはアダルト系からゲーム、FX、ロケットなど幅広い分野に事業展開しています。
その中でもFXは業界最大手規模を誇っており、短期トレードに関しては世界でも屈指のノウハウを持っているといっても過言ではありません。

DMMビットコインはレバレッジ取引をメインとした取引所ということで、FXで培ったノウハウを生かせる部分が少なくないでしょう。

ビットコインFXでは『bitFlyer FX』が圧倒的なシェアを誇りますが、『bitFlyer FX』の使いにくさと『DMM FX』でのDMMの攻勢を見ると、その差を一気に詰めるほど利便性を高めていくことも十分予想できます。

まだまだ誕生したばかりのDMMビットコインですが、トレードツールの使いやすさ・豊富さだけでも十分に利用する価値のある取引所だといえます。

アルトコイン含め全14ペアでレバレッジ取引可能!より効率的な仮想通貨運用が可能に


『DMMビットコイン』は既存の取引所とは異なり、レバレッジ取引に重点をおいた取引所です。

取り扱いペアでも現物が2種類に対してレバレッジ取引可能なペアは実に14ペアにも上ります。

これまで他の取引所でも取り扱いのあったビットコインやイーサリアムのレバレッジ取引はもちろん、NEM(XEM)やRipple(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)もレバレッジを使った取引が可能です。

そのため、これまでは投資資金が少ない人は『bitFlyer FX』を利用したレバレッジ取引や草コインと呼ばれるようなマイナー通貨での取引がメインとなりがちでした。

しかしDMMビットコインではリップル(XRP)やネム(XEM)など他の取引所では現物のみしか購入できなかった通貨でもレバレッジを利かせた取引が可能なため、値上がりしそうな通貨に今まで以上に効率的に資金を振り分けて投資することが可能になりました。

「売り」からの取引可能で下げ相場でも柔軟なトレード可能に

これまでの仮想通貨投資というものは、基本的には現物取引が主流で「買い」が多くを占めていました。
2017年までは仮想通貨市場には新たに資金が流入するばかりのため基本的には「買って放置」しておけば何倍、何十倍にも資産が膨らんだ相場状況でした。

しかし新規の資金流入に伴い、2018年1月時点で仮想通貨市場全体の時価総額は100兆円と言われるまでに成長しており、これまでほど簡単な相場にはならないことも予想されます。

そのためただ「買い」だけではなく、そのときの市場状況に応じた「売り」も仮想通貨市場で生き残るには必要不可欠になってきます。

そこで重要なポジションを占めるであろう存在が『DMMビットコイン』です。

下げ相場にも対応するために特に有効な手段が”売りから取引できる”レバレッジ取引ですが、ほとんどの取引所では”現物のみ”、もしくは”レバレッジ取引ができてもビットコインのみ”という取引所ばかりでした。

しかしDMMビットコインでは仮想通貨でのFXに特化した取引所として、時価総額1位のビットコインだけでなく、仮想通貨市場の時価総額上位を占めるイーサリアムやリップル、ネム、ライトコインなど値動きが仮想通貨市場全体に波及しやすいメジャーな通貨でもレバレッジ取引が可能になっています。

これまでは大幅上昇を繰り返してきた相場環境も、投資の神様とも呼ばれるウォーレン・バフェット氏も「バブルだ」と警戒を促す発言も見られるなど今年は難易度の上がった相場環境になることも予想されます。

大幅な下落に備えるという意味でも、『DMMビットコイン』での口座開設をしておいて損はないでしょう。

FXで培った使いやすく豊富なツールでトレードしやすさ抜群

まだまだ運営歴の浅い取引所が多い仮想通貨市場において、大きな改善点として挙げられるのが”取引ツールの使いにくさ”です。

世界一の取引高を誇る『bitFlyer FX』もスマートフォンでのFX取引はiPhone Xを使用した上でも非常に操作しづらいことは否めません。

しかし『DMMビットコイン』ではFX世界最大手まで成長する過程で開発した取引ツールやノウハウを他社とは比較にならないほど保有しています。

PC用のツールはもちろん、iOSやAndroidでも快適にトレードできるアプリをリリースしており、ツールに関してストレスを感じることないトレードが可能です。
レバレッジ取引を利用しないという方でも、『DMMビットコイン』のツールを利用する価値は非常に高く、口座開設しておくべき取引所です。

DMM Bitcoin
DMM Bitcoin
無料
posted with アプリーチ

各種手数料が無料


『coincheck』や『bitFlyer』など人気の仮想通貨取引所では、クイック入金などでは手数料が必要になります。

しかし『DMMビットコイン』ではクイック入金も手数料無料で行える上、取引手数料や新規注文・決済注文に伴う手数料なども無料です。

入金手数料も長く取引していく上では無視できない金額になっていくので、「入金してすぐ取引したい!」という方には非常におすすめなうえ、「クイック入金後手数料の安い仮想通貨でメインの取引所に送金する」といった用途でも便利な取引所になるのではないでしょうか。

LINE使った24時間365日サポートで安心

値動きの激しい仮想通貨、しかもレバレッジを使った取引となれば何か不具合が起こった場合にできるだけ早く対応することが必須となります。

coincheck』や『bitFlyer』、『Zaif』といった取引所の問い合わせに対する対応はお世辞にも早いとは言えません。

『DMMビットコイン』ではLINEも駆使したスピード感に優れたお客様サポートサービスを提供することで、素早く対応できる体制を整えています。
特に仮想通貨取引を始めたばかりの方にとっては非常におすすめできるポイントの1つです。

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin

DMMビットコインのデメリット

豊富なノウハウ・取引ツールをはじめ、メリットの多い『DMMビットコイン』ではありますが、もちろんデメリットや利用に向かないという方もいます。

ここからはDMMビットコインのデメリットと、どういった方がDMMビットコインをメインとして利用するのに向いていないかを解説していきます。

レバレッジ取引前提の取引所で長期保有者には不向き

『DMMビットコイン』の特徴は、”世界最大のFXサービスの知見を生かした仮想通貨におけるレバレッジ取引の提供”です。

そのためレバレッジ取引のみしかできない通貨ペアの取り扱いのほうが多く、かつ建玉を持ち越した場合には”建玉金額×0.04%/日のレバレッジ手数料”が発生します。

長くポジションを持てば持つほど費用が発生する形になるため、長期で仮想通貨を保有することを考えている方にはメインでの利用は不向きな取引所となっています。

仮想通貨を長期で保有したいと考えている方はあくまでもサブの取引所として、下落しそうな場合のみ”売り”で利用するといった使い方をおすすめします。

仮想通貨の現物取り扱い通貨数がビットコイン・イーサリアムのみ

DMMビットコインは現物取引はビットコインとイーサリアムの2種類のみと非常に少なくなっています。

そのためリップルやネムなど人気の通貨を現物で保有することはできません。

レバレッジ取引はあくまでも証拠金をテコにした取引のため、現物での保有ではなく、ネムのハーベストなどももちろん不可能です。

”リップルやネムを長期で保有しておきたい”、”ウォレットに送ってハーベストしたい”というような方は『coincheck』や『bitFlyer』『Zaif』をメインに利用しましょう。

DMMビットコインの評判は?

DMMビットコインは取引所の操作性などではやはり評価は高いようです。

一方で、売りと買いの価格差であるスプレッドの広さの評判は良くないようです。

ビットコイン以外の、アルトコインと呼ばれる仮想通貨もレバレッジ取引できるという点では評価高いのですが、やはりスプレッドの面での評価だけは気になります。

画像付き!DMMビットコインの口座開設方法

ここからは『DMMビットコイン』の口座開設方法を画像つきで解説していきます。

まずは右上の口座開設をクリックしましょう。
スマホの場合は上部左側の【口座開設】をタップします。

1.メールアドレス入力


まずは登録するメールドレスを入力します。

2.登録アドレスに送信されたメールからリンクをクリック/タップ


メールアドレスを送信すると登録したアドレスにDMMビットコインから次のようなメールが送信されてくるので、このURLをクリック/タップします。

3.パスワード設定

タップするとパスワード設定画面が開くので任意のパスワードを設定してください。

大文字は必須ではなく、記号なども不要です。

パスワードの設定が終われば仮登録は完了です。

4.マイページにログインし本登録へ

仮登録が完了したらログインしマイページを開きましょう。

マイページの左上に本登録へ進むリンクがあるのでクリックします。
スマホの場合は上部に表示されます。

本登録作業ページ内にある32項目全てにチェックor情報を入力しましょう。

このとき各種書類はできる限り目を通しておくことが後々のトラブルを防ぐことにもなるので、めんどくさがらずに目を通しておきましょう。

5.認証コードを入力し完了

32項目全て記入すれば本登録手続き完了になります。

あとはDMM側の審査を経て、郵送で認証コードが送られて来るのを待ちましょう。

認証コードが手元に着たら、本登録と同じ箇所に認証コードを記入するリンクが表示されるのでそこで認証コードを記入すれば登録完了・取引可能になります。

DMMビットコインはサブの取引所として超おすすめ!世界屈指の取引ツールを利用しよう

『DMMビットコイン』はその取り扱いペアや種類から見ても、FXのような短期トレーダーをターゲットとした取引所です。

レバレッジ取引が中心となるので、仮想通貨で初めて投資を始めたというような方にはなかなか上手く利益を出すには難しい取引所となるかもしれませんが、下落時にも”売り”でポジションが持てたり、取引ツールの利便性は非常に魅力的です。

レバレッジ取引は無謀な取引は資産を減らし続ける危険な麻薬ですが、使いようによっては資産の保護にも強烈に力を発揮する魅力の高い仕組みです。

投資初心者の方もまずはごく小額で取引してみたりしてその有用性を確認しておけば、今後またやってくるであろう暴落でも資産を上手く保護することもできるようになるでしょう。

レバレッジ取引を活かして効率よく資産運用したいという方や、普段は使わずとも下落時のリスクヘッジに使いたいという方、世界屈指の取引ツールを利用したいという方は必ず『DMMビットコイン』の口座を開設し、しっかりと利益が出せるように投資レベルの底上げやと投資環境をより良いものへとアップデートし続けましょう。

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin



いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

  • 作者:大塚 雄介
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017年03月23日
error: Content is protected !!