旅のノウハウ

【無料で海外旅行保険】クレジットカードで海外旅行保険をタダにする!おすすめカード4枚解説

\\*ベンチャー投資で節税効果も?*//   \\*あなたの価値、実は過小評価?*//

「海外旅行保険は必要?」

海外旅行の際の保険について調べていると、意外とよく見るのがこの質問です。
結論から言えば、クレジットカード付帯の保険か保険会社の保険かを問わず、海外旅行の際には必ず保険を受けられるようにしておかなければいけません。

特に東南アジアやアフリカなど先進国ほどインフラの整っていない国・地域に行く場合には入らないという選択肢はありません。

「予防接種受けてるし、大丈夫でしょ!」

「俺は病気にはかからないから大丈夫!」

「歯磨きにもペットボトルの水しか使わないから!」

あくまくん
あくまくん
そういった人に限って後悔するというのがあるあるの流れだね
てんしちゃん
てんしちゃん
私が予防接種を受けにいった病院にも、「短期だから大丈夫でしょ」といって”保険未加入かつ予防接種していなかった”人が入院中だったよ

また最近、インドやアメリカなど世界でよく起こるようになっている列車の脱線事故や事件などに巻き込まれたときでも、保険に加入していないと命が助かっても破産するというくらいの請求をされることが一部では話題になっています。

特に米国では数日軽い入院をしただけで数百万円の請求があったという話はよく聞く話です。

あえて強調して書いておきます。

「保険は加入が当たり前、悩むのは保証範囲と金額」

保険加入は大前提として、今回はその保険をクレジットカードでカバーするためのおすすめのクレジットカードを紹介します。

Contents

【旅行期間3か月以内】クレジットカード付帯の海外旅行保険で対応|おすすめカードは?

3か月以内の海外旅行の場合には、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するのがおすすめです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するためには、そもそもクレジットカードに海外旅行保険が付帯しているかどうかの事前確認と、旅行代金の一部(ツアー代や航空券代、空港までの交通費等)をそのクレジットカードで支払いすることが必要になります。

詳しい条件は使用するカードによって異なりますが、おおよそ旅行代金の一部の支払いに利用すれば適用されるものが多くなっています。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償内容は?

クレジットカード付帯の保険として心配なのはその補償内容です。

そこで当記事では海外旅行におすすめカードの1つ【Booking.comカード(三井住友VISAカード)】に付帯している補償内容と保険会社の海外旅行保険の補償内容を比較してみます。

保険期間をクレジットカードの保険期間上限である3か月で比較しています。

Booking.comカード(三井住友VISA)海外旅行保険(最安:エイチ・エス損保H86プラン)
期間90日間3か月
保険料なし35,100円
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円最高500万円
傷害治療費用(1事故の限度額)100万円1,000万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)100万円
賠償責任(1事故の限度額)2,500万円1億円
携行品損害20万円30万円
救援者費用150万円治療費に含む

またクレジットカードの保険の場合には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持っている場合に合算できる補償項目があります

例えば傷害死亡・後遺障害保険金は複数のクレジットカードに付帯している保険の中で最も高額な補償のみが適用されます。

しかし傷害治療などでは「各クレジットカード付帯の保険の補償額を合算」した補償額になります。

そのためクレジットカード1枚だけではやや心もとない補償額に感じる場合には、複数枚のカードを利用することをおすすめします。

海外旅行おすすめクレカ①楽天プレミアムカード

-カード概要-
  1. 死亡保険5000万円、傷害後遺障害保険最高5000万円等手厚い海外旅行保険付帯
  2. 世界1000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが無料かつ利用制限なし(通常、年会費約10,000円+1回利用につき約3,000円)
  3. 緊急時には24時間日本語での電話対応

楽天プレミアムカードは年会費こそ10,800円かかりますが、新規入会&利用で最大13,000ポイント付与のキャンペーンがあります。
また日頃の利用でもプレミアムカードなら最大7倍の還元が受けられるため、各種支払いやふるさと納税での利用・ApplePayでの利用などで十分にペイできるだけの価値があるカードになっています。

手厚い海外旅行保険付帯で保険加入いらず

年会費が必要となっているカードということもあり、付帯する海外旅行保険は非常に手厚くなっています。
複数種類のカードを紹介していますが、旅行に向けて追加で準備するという段階であればこの1枚だけでも十分でしょう。

楽天プレミアムカードの海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円(自動付帯:4000万円、利用条件:1000万円)
傷害治療費用自動付帯:300万円
疾病治療費用自動付帯:300万円
賠償責任自動付帯:3000万円
救援者費用自動付帯:200万円
携行品損害最高50万円(自動付帯:30万円、利用条件:20万円)

 

プライオリティパスが無料でGet可能

楽天プレミアムカードをおすすめする大きな理由ともなるのが、このプライオリティパスです。
他社クレジットカードでも同じく無料で手に入れられるところもありますが、手厚い補償にまで加味するとやはり楽天プレミアムカードが非常におすすめです。

プライオリティパスで利用できるラウンジは世界主要空港はもちろん、発着数がそこまで多くないような地方の空港でも利用できるところは多く、実際私も長期で海外を旅した際には貴重な飲食の場として大変助かりました。

軽食はもちろん現地料理やお酒なども豊富なところも。もちろん無料。

カード会社のラウンジや航空会社のラウンジもありますが、それらのラウンジがない空港も多々あります。

プライオリティパスであれば加盟しているラウンジであれば航空会社のラウンジも利用することができるので、世界中様々なところを旅する方にも非常に利便性が高いといえます。

国外空港のラウンジはプライオリティパスで無料で利用できますが、国内の空港であれば成田空港や羽田空港など28の空港で楽天プレミアムカードと当日の航空券の提示で無料利用できます。

楽天プレミアムカード保有者が利用できる国内空港

選べるサービス「トラベルコース」でポイントがさらに貯まる

楽天プレミアムカード加入者は特典の1つとして「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の中から1つを優待サービスとして選ぶことができます。

よく旅行をするという方は、ここでトラベルコースを選択しておくことをおすすめします。

楽天トラベルでオンラインカード決済することでポイント1倍加算されるうえ、旅行出発時の自宅から空港へ、または到着時に空港から自宅への手荷物宅配サービスを無料で利用することができます。
(利用可能空港:成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港)

24時間日本語でのサポートあり

楽天カードの海外旅行保険では、三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスを使った24時間年中無休で緊急時に対応できる体制が整えられています。

医療施設への移送や現地への意思の緊急派遣、本国への送還、医療品類の緊急手配などを会員に代わって行ってもらえます。

楽天プレミアムカード

海外旅行おすすめクレカ②Booking.comカード



-カード概要-
  1. 年会費無料で三井住友VISA・クラシックAカードと同等の海外旅行保険付帯(三井住友VISA・クラシックAカード年会費:1,500円)
  2. 海外のホテル予約で利用必須のBooking.comで「Genius」会員にアップグレードで宿泊代金10%Off等様々なサービス付き
  3. Booking.comカード専用サイトから予約+現地カード払いで還元率最大6%

「年会費は払いたくないけど、海外旅行保険が付帯したクレジットカードが欲しい!」
こうした方にもっともおすすめできるのが「Booking.comカード」です。

海外旅行でのホテル予約にもっともおすすめなのが「Booking.com」ですが、この「Booking.comカード」はそのBooking.comと三井住友VISAカードのタッグで生まれたクレジットカードです。

そのため海外旅行者向けのクレジットカードとなっており、特に少しでも費用を抑えたいバックパッカーや学生旅行者などには必須のカードとも言えます。

年会費無料で三井住友VISA・クラシックAカードと同等の海外旅行保険付帯

「Booking.com」は”年会費無料、かつ付帯する海外旅行保険の手厚さはクラシックAカードと同じ”という内容になっています。

私自身、長期海外放浪の際には海外旅行保険を目的に三井住友VISAカードのクラシックAカードを発行しましたが、複数都市をめぐる海外旅行の際にはこのBooki.comと楽天プレミアムカードをメインに利用しています。

「海外旅行のために良い海外旅行保険が付帯したクレジットカードを持ちたい」という方は、海外旅行保険をこのカードで押さえつつ、宿泊先もこのカード利用者限定のページからの予約でお得にホテルの予約を取るようにするのがおすすめです!

Booking.comカード専用サイトから予約+現地カード払いで還元率最大6%

ギリギリの旅をする放浪の旅ではクレジットカードをそもそも使える宿をとらないということもありますが、多くのホテルではクレジットカードを利用することができます。

Booking.comカード利用者は専用のサイトからBooking.comを利用できるようになっており、そこで予約かつ現地でカード払いをすれば還元率6%と非常に高い還元率で利用が可能になります。

長期での海外滞在となれば、航空券と並んで出費額が大きいのが宿泊費です。

3か月程度の滞在になればどれだけ安宿を利用しても宿泊費だけでゆうに20万円近くはかかることになります。宿泊費20万円と仮定した場合、6%の還元率となれば12,000円もの割引となります。

12,000円あれば、貧乏旅なら10日以上の食費にもなりますし、日本でも良いランチ、ちょっと贅沢なディナー程度の金額です。

大きな金額になりやすい宿泊費だからこそ、少しでも高い還元率のクレジットカードを利用しましょう。

先着5万人限定!Booking.com「Genius」会員にアップグレードで宿泊代金10%Off等様々なサービス付き

Booking.comカードを使うメリットはただBooking.comでの予約で高還元率になるだけではありません。

Booking.comカードを作るとBooking.com有料会員ランクの「Genius」会員にアップグレードできるシリアルコードをゲットできます。

Genius会員では人気宿泊施設10%OFFをはじめ、レイトチェックアウトサービスや無料空港送迎など旅行する上では非常に魅力のあるサービスを無料で受けることができるようになります。
今はあまり知られていないカードなのでまだこのサービスは受けられるようですが、5万人のみのキャンペーンなので早いうちの申し込みをおすすめします。

海外旅行者必携!Booking.comカード申し込みはコチラ

海外旅行おすすめクレカ③三井住友VISA クラシックAカード

-三井住友VISA クラシックAカード概要-
  1. 年会費初年度無料、翌年度以降条件により無料
  2. 充実の海外旅行保険付帯
  3. 特別なケースを除き、カードの紛失・盗難のお届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用については補償
  4. 世界の主要都市に設置されている「VJデスク」で観光情報・貴重品の紛失・盗難サポートも日本語で対応

私が海外旅行保険付きのクレジットカードを調べていた中で、特に人気の高かったカードがこの「三井住友VISA クラシックAカード」です。

他のクレジットカードよりも充実した海外旅行保険などが人気を呼び、今でも海外旅行者に人気の高いカードです。

年会費初年度無料、翌年度以降条件により無料

海外旅行保険を目的にクレジットカードを作る場合、気になるポイントの1つが年会費です。

三井住友VISAの場合、付帯する旅行保険は非常に充実しており、他のカードでは年会費有料のものと比較しても全く遜色ありません。

しかしながら三井住友VISA クラシックAカードであれば「初年度の年会費は無料」で、さらに簡単な条件クリアで翌年度の年会費も無料にできるということもあり、旅行後でも継続して利用できるクレジットカードになっています。

充実の海外旅行保険付帯

三井住友VISA クラシックAカードの最大の魅力といえば、手厚い海外旅行保険付帯です。

三井住友VISA クラシックAカードの海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
賠償責任2,500万円
救援者費用150万円
携行品損害20万円

もちろん年会費のかかる楽天プレミアムカードに比べると劣りますが、このレベルの海外旅行保険が年会費無料のクレジットカードで付帯するものはなかなかありません。

普段は楽天カードなど還元率がよくできるカードを利用しているという人であっても、海外旅行保険用に追加で加入しておくべきカードの1つといえるでしょう。

カードの紛失・盗難にも60日前まで遡ってバッチリ対応!

海外旅行でクレジットカードを持つうえでの大きな不安の1つが「クレジットカードの盗難・紛失・不正利用」です。

海外ではスキャミングといって「カード情報を特殊な機械で読み取って不正利用する」手法も頻繁に起こっており、こうした被害への対策も必須とされています。

もちろん自分自身でスキャミング防止の対策も必要ですが、もし何らかの手段で紛失・盗難・不正利用された場合でも、三井住友VISAカードであれば24時間年中無休で対応してくれる上に60日前まで遡って不正な利用を補償してくれます。

てんしちゃん
てんしちゃん
海外旅行にクレジットカードは怖い!という人でも安心できるね!

世界の主要都市に設置されている「VJデスク」であなたの悩みに日本語で対応

「VJデスク」とは
世界の主要都市に設置されている「VJデスク」では、現地の観光情報のご提供からレストラン・チケットのご予約、カードやパスポートの紛失・盗難時のサポートまで、あなたの旅を日本語でバックアップいたします。
引用:三井住友カード公式サイトより

三井住友カード会員であれば観光情報の提供はもちろんですが、海外旅行時にもしもカードやパスポートの紛失・盗難が発生した場合でも日本語で対応してもらえる「VJデスク」サービスが利用できます。

例えば海外旅行先でパスポートを紛失した!」といった場合でも専用ダイヤルに連絡することでどのような対応をしたらいいのか等が専用のスタッフが日本語で対応してくれます。

こうした手厚いサービスも安心の三井住友ブランドのなせるサービスの1つで、クレジットカード選びの際には地味に重視しておきたいポイントの1つといえるでしょう。

三井住友VISAカード・お申込はこちら

海外旅行おすすめクレカ④エポスカード

-カード概要-
  1. 年会費無料
  2. 充実の海外旅行保険付帯
  3. 海外での高額買い物も安心?利用額一時増枠サービス

海外旅行をする上ではこれまで紹介した2つのカードがおすすめですが、海外旅行保険に不安があるという人は3枚目としてエポスカードを紹介します。

年会費永年無料で充実の海外旅行保険付帯

3枚目として持つうえで重要になるのが年会費が無料か否か、そして海外旅行保険がしっかりとついているかです。

その点ではエポスカードは年会費は無料ですし、さらに海外旅行保険も他のクレジットカードでは年会費無料では付かないような充実した保険の内容になっています。

エポスカードの海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任2000万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円

海外での高額買い物も安心?利用額一時増枠サービス

海外旅行では免税店での買い物などで想定以上の金額を利用していた、なんてことも珍しい話ではありません。

そのため、買い物金額自体は想定より高額になっていなくても、普段の支払いとの兼ね合いから「気づいたらカード利用上限になっていて買い物できなかった」なんていうことも。

そこでエポスカードなら国内外の旅行や引っ越し、ブライダルの費用なども安心してクレジットカードが利用できるように、利用枠の一時増額サービスを使うことができます

ブライダル用であれば上限400万円まで、ブライダル以外の利用目的では現在の利用枠の2倍、もしくは現在の利用枠+100万円のうち少ないほうを上限として設定できます。

航空券代もクレジットカードで支払っている場合には初期設定額によっては買い物分の利用枠がほぼ残っていないということも十分あるので、「普段使いできて旅行にもおすすめのクレジットカード」を考えている方にはおすすめの1枚となっています。

年会費永久無料!エポスカード

まとめ|海外旅行保険はクレジットカードでしっかりカバー

もう一度おすすめのクレジットカードをおさらいしておきます。

海外旅行におすすめクレジットカード

<<楽天プレミアムカード>>
-死亡保険5000万円、傷害後遺障害保険最高5000万円等手厚い海外旅行保険付帯
-世界1000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが無料かつ利用制限なし(通常、年会費約10,000円+1回利用につき約3,000円)
-緊急時には24時間日本語での電話対応

<<Booking.comカード>>
-年会費無料で三井住友VISA・クラシックAカードと同等の海外旅行保険付帯(三井住友VISA・クラシックAカード年会費:1,500円)
-海外のホテル予約で利用必須のBooking.comで「Genius」会員にアップグレードで宿泊代金10%Off等様々なサービス付き
-Booking.comカード専用サイトから予約+現地カード払いで還元率最大6%

<<三井住友VISA クラシックAカード>>
-年会費初年度無料、翌年度以降条件により無料
-充実の海外旅行保険付帯
-特別なケースを除き、カードの紛失・盗難のお届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用については補償
-世界の主要都市に設置されている「VJデスク」で観光情報・貴重品の紛失・盗難サポートも日本語で対応

<<EPOSカード>>
-年会費永年無料
-充実の海外旅行保険付き
-海外での高額買い物も安心?利用額一時増枠サービス

私はメインのカードを楽天プレミアムカードにして普段使いから利用し、ホテルなどの予約ではBooking.comを活用してお得に宿をとるように利用しています。

基本的に海外でもあまり買い物をしないのでこの2枚のみでやりくりしていますが、買い物もするという方は三井住友VISAを使ってポイントサービスを積極的に活用するのもおすすめします。

てんしちゃん
てんしちゃん
三井住友VISAのポイントサービスは意外と超便利なんだよ!

普段使いにはどのカードを使うか?

旅行時の利用にはどのカードが最も便利か?

緊急時の利用などではどのカードを使うか?

今回紹介したカード以外でも、この3点は最低限意識して、利用するクレジットカードを検討していきましょう。

THEO
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)
error: Content is protected !!