旅のノウハウ

旅に最適なカメラはなに?一眼レフ等10kg背負って旅した経験者が語るおすすめ紹介

GoPro持ってドコ行こう?

\\*ベンチャー投資で節税効果も?*//   \\*あなたの価値、実は過小評価?*//

こんにちは!

19の航空会社で世界18か国26都市を旅した@Akumaです。

国内外問わず旅行をしようかと考えている人にとって、悩むポイントの1つになるのがカメラです。

普段の生活では見れない景色、大切な人との思い出を記録しようと、一眼レフ等のカメラを購入しようか考える人も多いでしょう。

最近ではインスタグラムで#GoProのある生活というタグも話題になったように、一眼レフやデジカメ以外の、GoProに代表されるようなアクションカメラという種類のカメラも注目度が高まっています。

しかしアクションカメラの代表格であるGoProは一眼レフにも負けないほど高価!

2017年発売のモデルはカメラ単体でも4万円を超え、アクセサリまで含めるとゆうに5万円も超えてしまいます。

メインのカメラなら数万円の出費は許容範囲でも、サブカメラならなかなか手を出しにくい金額です。

そこで今回はそもそもどんな人がアクションカメラを持つべきなのかアクションカメラにはどんなメリットがあるのかを詳しく解説するとともに、GoProを少しでもお得に手に入れる方法から格安アクションカメラまで紹介します。

そもそもアクションカメラとは?|動画撮影に秀でた機動性抜群のカメラ

そもそもアクションカメラとは、スポーツなどのアクティビティでの撮影に特化したカメラを指します。

小型で、水に濡れる局面でも対応できる付属アクセサリなども豊富に揃っており、ロードバイク愛好家やサーファーなどから人気の高いタイプのカメラです。

最近ではGoProに代表される高性能かつスタイリッシュな製品が登場し、「性能の良いカメラは欲しいけど、重いカメラを持ち歩きたくないし、いろんな用途で使いたい」という方、特に10〜20代の若い層に人気が高まっています。

アクションカメラがオススメなのは?カップル、友達同士、女性の一人旅におすすめ

「おすすめポイントとか聞いても、結局自分にとってどうなの?」という方もいらっしゃるかもしれません。
当記事では以下2パターンに当てはまる旅の場合に特におすすめします。

アクションカメラがおすすめなのは?

1.友達同士など複数での旅

2.女性の一人旅

一眼レフの場合、「撮影のたびにレンズを決めて、構図を決めて、各種設定を決めてから撮る」と機動性に劣るために一緒に旅する人を煩わせることが多々ありますし、その重さから持ち運びもかなり苦痛に感じる場合も多々あります。

アクションカメラであればアクセリを使うと一眼レフ以上に多彩な構図で簡単に撮影が可能なうえ、高画質での動画撮影も可能なので盛り上がっている瞬間もしっかりと残すことができます。

女性の旅の場合には男性よりも必要となる荷物量も多くなりがちなうえ、海外の場合には治安の面でも一眼レフのように存在感のあるカメラを持っていると盗難などに合う確率が高まってしまいます。

一眼レフでは「バッグから取り出し、撮影し、バッグに戻す」という一連の動作で1分近くは必要となりますし、カメラの出し入れの際にバッグの開け口も大きく開ける必要があります。

一方でアクションカメラは非常に小型サイズのためバッグも開閉も最小限で取り出せるほか、スマホ以上に小さく手のひらにおさまるサイズなので周囲からも目立ちにくく、少しでも犯罪に合う確率を減らしたい方には大きな魅力です。

アクションカメラの5つのおすすめポイント

一眼レフGoPro比較経験上、一眼レフはレンズ含めた重量は相当な苦痛になるから覚悟が必要。さらにLCC利用では手荷物重量制限に要注意。GoProはスマホのようにポケットに入れておけるから問題なし

それではここからは、アクションカメラの4つのおすすめポイントについて紹介していきます。

おすすめポイント①ポケットにも楽々納まるサイズ感

私がアクションカメラをおすすめする上で最も大きな特徴の1つがそのサイズです。

一眼レフはその本体はもちろんのこと、用途に応じてレンズを交換する必要があります。

1つのレンズで広角から望遠までカバーする万能レンズも存在していますが、そうしたレンズは利便性に優れている一方で画質で大きく見劣りしてしまうため、ほとんどの一眼レフ保有者は少なくても2つ、ないしは3つのレンズを使い分けています。

一眼レフのほぼ全てのレンズが手のひらサイズはあり、旅行時に持ち歩くには非常に邪魔で苦痛な存在になってしまいます。

一方、アクションカメラは一眼レフのどのレンズをも上回る小ささです。

防水ケースに入れてもまだ片手で余裕をもって握れるサイズで、小さなポーチに入れて簡単に持ち運ぶこともできます。

LCCなど格安の移動手段が普及してきたこともあり、LCCなどを多く利用し荷物のサイズにも敏感になっている方にとっては非常に大きな魅力を持つカメラだといえるでしょう。

おすすめポイント②重量は一眼レフカメラの1/10?持ち運びが苦にならない重さ

私が海外を旅してきた中で、カメラ関係で最も苦しめられたのがその重量です。

バックパッカーとして旅する上で荷物のサイズ・重量ともにできる限り削らなければいけない中で、どうバックパックに詰めても、押し込んでも圧倒的な場所と重さを占めた一眼レフカメラとレンズは正直苦痛なことばかりでした。

もちろんそのぶん自分の納得のいく写真も撮影できましたが、一眼レフカメラ本体+レンズ4本で合計3キロ前後もある荷物には移動のたびに苦しいこと苦しいこと…

そのため街歩きのときには持ち運ぶレンズの数を制限したり、「今日はこのレンズ1つだけで撮影する!」というような縛りでの写真を撮って回ることもありました。

私の場合には一人旅で写真にも大きな比重を置いていたのでこのくらいの重量になりました。

もし私が今、写真撮影に重きを置いていない旅をする人にアドバイスを求められた場合には、ほぼ間違いなくアクションカメラの購入をすすめます

アクションカメラは一眼レフのセットを持ち歩くのと比較すればその重量は1/10程度以下しかありません。

そのためできるだけ荷物を少なくしておきたい街歩きのときでも、小さなバッグで重さもサイズも気にせずに持ち運びができます。

一眼レフのように存在感のあるカメラは先進国途上国を問わず窃盗の危険性が高まりますし、そもそも重量的に持ち運びが大変で疲れてくると遠出するのも躊躇してしまうこともあります。

本気で撮影したいと思う人出ない限り、一眼レフカメラは重過ぎます。

どうしても望遠などの性能を備えたカメラが欲しいのであれば、レンズ交換も不要ながら広角から望遠まで幅広く満足度の高い画質で撮影できる高級コンデジと呼ばれる部類のカメラを検討することもおすすめします。

おすすめポイント③どんな局面でも撮影できる機動力

海外旅行に行くと、注意すべきなのが治安です。

治安に関しては日本が世界的にみても非常に高いレベルにあり、日頃のクセで警戒が緩くなりやすい日本人は標的とされやすいです。

財布やスマホはもちろんですが、カメラも例外ではありません。

「撮影のたびにバッグから取り出し、撮影が終わればすぐにバッグに戻す」

これは海外旅行では基本中の基本です。

一眼レフカメラは精密機械で高級機器だと海外でも認知されており、特にシェアの高いNikonやCanonは狙われやすいです。
日本のように首からかけて外に出したまま移動していると場所によっては本当に危険です。

もちろんバッグに戻すだけでは人込みでスリに合う可能性もあるのでバッグを身体の前で持つことは常識として、南京錠などを利用して鍵をかけるということも必要になります。

そこまで周囲を警戒しつつ、さらに撮影時の環境に合わせて設定を変更したりレンズを交換したり…ということをすることを考えると、なかなか撮影すること自体が大変、億劫になってしまいます。

一方でアクションカメラであればバッグも最小限開けるだけで取り出せて、アクセサリもうまく使えば構図も一眼レフ・スマホ以上に自由自在に撮影可能です。

「ふとした瞬間でも簡単に撮影できる」

この機動力は旅においては非常に魅力的なポイントです。

「あ、これは撮りたい!」と思う場面があっても、撮影までに時間・手間がかかれば良い一瞬を逃がしてしまうかもしれません。

写真は良いカメラで撮影するのも良いですが、最も大事なのは「撮りたい一瞬を逃さず撮ることです。

せっかく高性能なカメラを持っていても、良い一瞬を逃してしまえば宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで私は、「よし、今日は写真撮るぞ!」と気を入れている旅行者をのぞいて、「撮りたい一瞬をちゃんと撮れる」カメラ選び、その中でもアクションカメラという選択肢を提案します

アクションカメラはアクセサリをあらかじめつけておけば目線の高さよりも高い構図でも撮れますし、逆に足元からの撮影も自在にできます。
撮れる構図でいえば一眼レフはもちろん、スマホ以上に自由自在で、写真・動画も旅の楽しみの一つとなるでしょう。

おすすめポイント④ライトユーザーなら十分すぎる性能

アクションカメラの代表格であるGoProを参考にしてみると、映像素子のサイズや画素数などはカメラサイズの問題もあり特筆すべき点ばありませんが、水深10mまで耐える優れた堅固性と防水性は移動中の衝撃にも十分耐えうることはもちろん、一眼レフではまだ高額なタイプでしか対応できないモデルが多い4Kビデオ撮影もでき、音声コントロールもできる操作性、GPS機能など使いやすさという点では一眼レフを圧倒します。

単純な画質面で言えばもちろん一眼レフに軍配が上がりますが、その他の性能でいえばむしろアクションカメラが上回っているほどです。

もともとGoProなどアクションカメラはサーフィンやスノーボードなどのスポーツ撮影を目的として作られているだけに、動画性能の高さや耐久性は非常に優れたものを持っています。

そのため一眼レフは湿気などへの対策も必要で、特に東南アジアではスコールなどへも十分な対策が必要となります。

しかしアクションカメラではそうした地域でも特に気にせず、雨の中でも撮影できるアクションカメラのほうが旅への適性も上回ります。

そもそもスマホ搭載のカメラのレベルが年々上がってきている今、写真へのこだわりが強い人でなければ一眼レフを購入すべき理由は薄まっています。

素人目にはなかなかわからない画質の差を追って持ち運びの苦、撮影の苦を味わうより、気軽に持ち運びできてサッと撮影できるアクションカメラとスマホの組み合わせのほうが多くの人にとって後悔のない選択になるでしょう。

高価なGoProを少しでも安く手に入れる!GoProをお得に購入する方法

ここからは実際にアクションカメラを購入する方法などについて紹介します。

今でこそあらゆるメーカーから発売されているアクションカメラですが、やはり第1候補は業界最大手であるGoPro社製モデルです。

そこで今回はGoProシリーズを少しでもお得に購入する方法について紹介します。

Amazonでお得に購入する方法①AmazonMasterCard加入で5000ポイント&利用で2%還元

Amazonをよく利用する人の場合にはAmazonMasterCardへの加入することで5,000円分のポイントが獲得できるほか、Amazonプライム会員であれば買い物ごとに2%のポイント還元が受けられます。

そのためハウジングセットになったGoPro HERO6の場合には2018年4月現在で約56,000円となっていますが、5000ポイント分差引き、2%のポイント還元で定価よりも約6,000円程度安く購入することができます。
さらに年会費がかかるもののプライム会員特典付きで各種設定次第で非常にお得にAmazonを利用できるようになるMasterCardゴールドの利用もおすすめです。

ポイント還元率もアップ!Amazonプライム会員の詳細、登録はコチラ

Amazonでお得に購入する方法②Amazonギフト券チャージタイプへの現金追加でポイントゲットしつつ購入する

「クレジットカードは作りたくない!」

そんな人にはこちらのAmazonギフト券チャージタイプの利用をおすすめします。

Amazon利用できるギフト券であるAmazonギフト券チャージタイプを購入すると、チャージ金額に応じて一般会員なら最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%のポイント付与となっています。

そのためGoProを購入するとなるとおおよそ5万円程度は必要になるため、例えば5万円の入金をすればプライム会員であれば1000ポイント獲得することができます。

実際の付与はチャージの翌月中旬頃のためすぐの利用はできませんが、クレジットカードを作らなくても少しでもお得に購入したい人にはオススメの購入方法です。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細、購入はコチラ

Amazonでお得に購入する方法①アウトレット商品

ごく稀にですが、Amazonのアウトレット商品取り扱いの中でもGoProが販売されることがあります。

アウトレットなので訳ありにはなりますが、特に傷なし新品にはこだわらないという方の場合、こまめにAmazonアウトレットを確認しておけば、非常にお得にGoProをゲットできるかもしれません。

Amazonアウトレットページはコチラ

楽天市場でお得に購入する方法①楽天カード新規加入でポイントゲット&ポイントアップ期間を狙う

楽天市場で購入する場合で、まだ楽天カードを持っていない場合には必ず楽天カードに新規加入してから利用しましょう。

楽天カードでは新規加入で常に5000ポイント以上のポイント付与が受けられ、時には8000ポイント以上の場合もあります。

さらに楽天市場アプリと楽天カード、楽天モバイルなど楽天が提供する関連サービスも利用することでポイント還元率も最大7倍と非常にお得になります。

そこに加え、各種キャンペーン期間でポイント還元率が大きく変わるほか、特に高頻度で開催される楽天が親会社・スポンサーを務める楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナの勝利に応じて全ショップでポイント最大4倍付与のキャンペーンを利用すると最大10倍を超える還元率での購入も可能です。
新規加入で数千ポイントの付与を受けつつ、サービス併用やキャンペーン活用で1万円以上お得な購入も可能と、使わない手はないでしょう!

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

とりあえず使ってみたいなら中華製アクションカメラも?1万円以下で購入可能

やはりアクションカメラの最高峰といえばGoProモデルです。

しかし高性能なだけあって最新モデルとなると基本的なアクセサリがついただけのもので6万円前後と高価格なのは否めません。

従来のデジカメや一眼レフとタイプも異なるカメラのため、興味があっても実際にどの程度使うのかイメージがしにくい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでもう少し手軽な価格帯の商品が欲しいという方におすすめなのが中華製アクションカメラです。

GoProの爆発的な人気の高まりにより、中華製のアクションカメラも非常に多く出回るようになりました。

かつては中華製といえば「安かろう悪かろう」の代名詞的存在でもありましたが、近年では技術力もあがり、安いカメラでもそれなりの性能を持つ商品も増えてきました。

Amazonでも1万円以下のもので1080P@60fpsの動画が撮れる性能のものがゴロゴロ販売されており、もちろん防水にも対応したアクセサリ付きのものがほとんどです。

安いものになれば7000~8000円程度でも購入でき、ちょっとしたお試し利用には手の出しやすい価格帯となっています。

もちろんGoPro性のカメラを買うのが1番間違いはありませんが、中華製のものでも動画撮影機能もしっかりしており、さらにWi-Fiでの写真・動画転送機能もついているものも多いので、購入を悩んでいるという方であればまずは安いものを購入してある程度利用してみて判断するのもありではないでしょうか。

私自身、サブカメラの1つとして中華製アクションカメラを利用したこともありますが、バイク運転時に撮影した動画などを見る限りではコスパは良いと感じましたし、自分が思っていた程度に実際に利用するのかということを確認するのに非常に役立ちました。

旅=一眼レフはもう古い!アクションカメラで旅の楽しみもしっかり残そう!

これまで、旅をする上では「一眼レフを持っていた方がいい!」という話が多くありました。

私が海外放浪する前にネットを見てもそのような意見ばかりでした。

実際に旅してみると、たしかに一人旅で時間もたくさんあり、好きなだけ撮影に時間をかけられる場合には一眼レフは非常におすすめです。

一眼レフを使って撮影したメコン川@ラオス・ルアンパバーン

しかし今回おすすめとしてあげたような、カップルでの旅行や複数人での旅の場合にはレンズ交換や構図決め、設定などで時間のかかりやすい一眼レフはあまりおすすめできるものではありません

それよりもアクションカメラも使って動画撮影も駆使しつつ、あらゆる角度から写真・動画を気軽に撮影できるほうが、「動画も写真もどちらもいろんな構図で楽しく撮れる=旅の楽しみが増える」こととなり、思い出としての撮影だけでなく、撮影が旅を楽しむツールの1つにもなります。

たかがカメラ、されどカメラ。

カメラの選択一つで旅の楽しみ方も、思い出も大きく変わってきます。

この記事が、読んでくださった方の旅をより良いものにする一助になれば幸いです。

是非しっかりと悩み、あなたにあったベストなカメラを選択し、より良い旅を過ごしてください。

THEO
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)
error: Content is protected !!