雑記

【簡単3ステップ】Googleアドセンスの自動広告で特定ページの広告を非表示にする方法

Googleアドセンスの自動広告を特定ページで非表示にする方法

ブログをやっている人にとって、Googleアドセンス、その中でも自動広告は特に記事ごとに設定を加えなくても最適化された位置に広告を表示してくれる非常に便利な機能です。

しかし場合によっては、Googleアドセンスを表示したくない場合もありますよね?

  • 記事の内容がGoogleアドセンスの規約に抵触しそうな内容
  • アフィリエイト広告をすでに貼っていて、Googleアドセンスをクリックして欲しくない
  • 写真を多用していたり、デザイン的にGoogleアドセンスを貼って欲しくない
  • 「お問い合わせ」ページや「企業案内」など広告表示に適さないページ

この記事ではそんな方に向けて、Googleアドセンスの自動広告を特定ページでだけ非表示にする方法を図解付で解説します。

Step1:「広告の設定」から自動広告をクリック

Googleアドセンス自動広告カスタマイズ①
アドセンスのトップページから「広告の設定」⇨「自動広告」をクリックして自動広告の設定ページに移動します。

今回は新規設定ではなくすでに設定している自動広告のグループに対して、一部ページのみの非表示設定をしていきます。

Step2:設定済みのグループを選択

Googleアドセンス自動広告カスタマイズ②
すでに設定済みのURLグループの中から、非表示させたいページのあるURLグループを選択します。

編集したいURLグループをクリックすると編集用ページに進むマークが出てくるので、それをクリックします。

Step3:「URLを追加」でGoogleアドセンス自動広告を非表示にしたいページのURLを追加

Googleアドセンス自動広告カスタマイズ③
右上にある「URLを追加」をクリックし、非表示にしたいページのURLを追加しましょう。

ここでは「https://」部分は不要で、自分のドメイン以下のURLを追加し保存まで進めばOKです!

複数ページで非表示にしたい場合には、この作業を自動広告非表示にしたいページのURL全てで実行しましょう。

アドセンスの自動広告を掲載させない方が良いページとは?

Googleアドセンスは規約が厳しく、掲載を禁止しているジャンルのページでアドセンスが掲載されたりすると自動広告での掲載であってもペナルティを受ける可能性があります。

アドセンス掲載禁止コンテンツ例
  • アダルトコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  • アルコールに関連するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ

など

例えば様々なジャンルを扱っているブログでこういった禁止コンテンツに該当する記事を書く場合には掲載されないようにしておく必要があります。

またアフィリエイト広告を貼っているページでは、そのページまでたどり着いたユーザーであればアドセンスで掲載される広告はアフィリエイト広告と競合してしまい、アフィリエイトでの成果の方が報酬高くても結果逃してしまうこともあり得ます。

アドセンスのクリック報酬とアフィリエイト成果報酬では得られる金額も大きく異なるでしょうし、アフィリエイト記事でも掲載しない方がいいでしょう。

あとはお問い合わせページや企業案内ページなど記事以外のページです。

企業案内の途中に広告が掲載されたりすればそれはあまり適切とは言えませんし、そもそもクリックの期待値も高くないでしょう。

そういったページでも掲載しないようにするのが無難です。

まとめ|自動広告もページに応じて上手に使い分けよう

Googleアドセンスの自動広告は、一度設定してしまえばあとは自動で全てのページでアドセンスを掲載してくれる非常に便利な仕組みです。

ですが掲載するページによってはアドセンスの規約違反をしてしまう可能性があったり、本来なら得られたはずの報酬も得られなくなる場合もあります。

個別ページごとに非表示設定をするのは確かに面倒な作業ではありますが、あなた自身のサイトに最適化できるように、必要なページではできるだけ設定しておくようにしましょう。

Googleアドセンスに関するおすすめ書籍

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!